TinyWhoopでFPVをするにはアマチュア無線の免許取得&開局申請が必要です!

【AIO Camera】UR65のストックカメラにオススメ!純正のAIOカメラと同性能でお安い『Eachine TX06 AIO Camera』!

2S Whoopを飛ばすようになり、最近ちょっとご無沙汰気味だったUR65くん。

でもやっぱりお部屋Whoopは超安定&パワフルなUR65くんが最強!

はじめてのブラシレスフープ『URUAV UR65』を購入。これ最高に楽しく飛ばせる機体ですね!

最近、足を骨折したのをきっかけに野外でWhoopを飛ばしに行くのがなかなか困難な状況なのでお部屋Whoopに集中することに!

UR65といえば1Sブラシレス機の代表的な機体ですが、モーターシャフトがよく折れたりAIOカメラがズレ落ちたりとなかなか手間のかかる機体でもあります。

その分いろいろ手を加えてやる楽しみがあり、またそれに答えてくれるのも楽しいのですが!

ここで簡単に現在のUR65くんの構成はこんな感じとなっています。

純正のフレームが非常に弱いため、『Upgraded Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Frame』に変更。

UR65のフレームをBETAFPV『Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Upgraded Frame』に交換しモーターシャフト折れ&フレーム割れ問題を改善!

BETAFPV 0802 17500KV』モーター変更により飛行時間が大幅に伸び、さらにパワーも増すという驚きの結果と!(現在12000KVのものに仕様変更されているようです。)

また、シャフト径が1.0mmと太くなっており(デフォルトモーターでは0.8mm)頻繁に起こっていたモーターシャフト折れが全くなくなりました。

【URUAV UR65】BETAFPV 0802 17500KVモーターに交換!パワーアップ&飛行時間大幅アップという驚きの結果に!

そしてカメラは、BETAFPV『Z01 AIO Camera』を使っています。

FCの故障で沈黙していたUR65。新しいFC(V1.2)で再構成してみた!【Tiny Whoop】

このZ01カメラ、はじめて開局申請したカメラで非常に思い入れがあります。

Tiny Whoop FPVへの道!はじめてのFPV用カメラは『BETAFPV Z01 AIO Camera』に決定!

それ以降ずっと現役で使い続けていましたが、レンズ部分がもう傷だらけで視界が限界状態に!

そこで今回、UR65くんのカメラを交換してあげることに。

以前、高画質なCaddx FireFlyカメラも載っけてみましたが0802モーターでは難なく持ち上げてくれました。

0802モーターに載せ替えたUR65では高画質1200TVLカメラ『Caddx FireFly』も楽々持ち上げてくれ飛行も超安定!

そして今回、UR65のストックカメラとして数台用意していた『Eachine TX06 AIO Camera』を使ってみることに。

このカメラ、UR65US65などに使われている純正カメラとほぼ同性能で価格が非常に安い!

URシリーズを飛ばされてる方のストックモーターとしてオススメです!

Eachine TX06 AIO Camera

解像度が700TVLで視野角120度、Smart Audio機能も付いているAIOタイプのカメラとなります。

重量は約3.9g。

そして純正カメラも見ていきましょう。
まずはこちらがUR65のスペアパーツとして販売されている純正のカメラ

そしてこちらがUS65用スペアパーツとして販売されている純正カメラ
UR65用カメラにSmart Audio機能が追加されています。

そして今回ご紹介する『Eachine TX06 AIO Camera』との違いは、両カメラとも解像度700TVLで視野角120度と上記カメラと性能的には同じとなりますが、アンテナ部分の形状が少し違うのでUR純正キャノピーで使うにはアンテナ穴を少し大きく加工してあげる必要があります。

なかなか安くならないUR65純正カメラに対し、Banggoodでは頻繁にEachine製品のセールをやっています。
1500円ぐらいで1個購入したのですが、すぐに1200円ほどに下がりさらに2個追加購入!

この手のAIOカメラってWhoopをやっているといくつあっても困らないですからね!

純正カメラを買うお値段で2個買えちゃう!なんともお得!
URのストックカメラや軽めのAIOカメラを探している方は、ウォッチリストに入れておくのがおススメです!

UR純正のカメラが約3.0gなのに対し、『Eachine TX06 AIO Camera』は約3.9g。
余分なケーブルやプラグを取り省けば約3.5gと純正のカメラと比べると少し重いですが、それでも十分軽量!

そしてUS65くんに取り付け!
以前FCの故障によりSmart Audio機能が付いたUS65用のFCに交換しています。

FCの故障で沈黙していたUR65。新しいFC(V1.2)で再構成してみた!【Tiny Whoop】

サクッと半田付け!

 

MEMO

 

Vcc、GND、Video in、Video out、Smart Audio端子はそれぞれFCに繋げればいいのですが、上写真を見れば分かりますがもう1本GND端子があります。
これいったい何用なんでしょうか?

カメラマウントは、みんな大好き!羊風堂さんのものを使用。

そしてキャノピーは使用せず、インシュロック(タイラップ)を使ってカメラを保護!

【Tiny Whoop】結束バンド(インシュロック)を使った簡単カメラガードの作り方!

こんな感じで出来上がり!

純正カメラを買うお値段で2個買えちゃう、なかなかコスパのよいカメラです!

またWhoopのカメラやVTXって、急に故障!なんてこともよく起こりますからね!

『URUAV UR65』AIOカメラが完全にブラックアウト!原因は?カメラ交換しかないのかな!?

URシリーズのストックカメラや軽いAIOカメラをお探しなら一度チェックしてみて下さいね!

 

3 Comments

NKO

はじめまして、最近ドローンに興味を持ち、こちらの記事を読ませてもらってます。小学生の頃にハム免許を取得したことを思い出し、開局申請しようとおもいます。
Eachine TX06 AIO Cameraで、申請したいのですが、系統図はどうされましたか?よろしければ、ご教授願いたく存じます。
有名な戸塚さまからは、メールの返事が全く無いので困っています。

東京バード

はじめまして、こんにちは!
系統図のことなんですが、私が現在開局申請しているカメラはBETAFPVのZ01カメラとZ02カメラの2種類になります。
野外飛行用の2セル機などはすべて上記カメラで飛ばしていますが、室内用1セル機ではこのTX06など軽量のAIOカメラを使用していますが全てのカメラで開局申請はまだまだ出来ていないのが現状です。

というのも日々増えていく機体に付属のカメラ(VTX)を全て申請ってのがなかなか大変で!
本来使用する全てのVTXで開局申請すべきなのですが、そこまで至っていません。

なので未申請のカメラは室内等でひっそりと飛ばす感じとなっています。

TX06カメラも系統図探しましたが出てこず、また使い始めたばかりのカメラなのでもう少し感触を確かめ今後長く使えそうなら開局申請も考えています。

価格も安く性能的にも全く問題ないのでWhoop用のストックカメラとしては非常に優秀そうです!(既に3個購入しました)

このVTXで開局申請しようとお考えということですが、ご要望に添えず申し訳ございません。

内部の回路的にはWhoopで一般的なVM275Tカメラとほぼ同型?だと思われるので、こちらで調べてみるのもいいかもしれませんね。

NKO

お返事ありがとうございます。
色々と大変参考になります。

先ほど、戸澤さんから返事がありました。
主張中だったそうです。
TX06の系統図が有るそうです。
他にも検討中の機種の系統図が有るそうなので、じっくり考えます。
有り難うございました。

コメントを残す