Tiny Whoop FPVへの道!はじめてのFPV用カメラは『BETAFPV Z01 AIO Camera』に決定!

Tiny WhoopでFPVをやるために必要となってくる、アマチュア無線技士4級免許取得の話と無線局開局のために必要な総務省『電波利用 電子申請・届出システムLite』へのユーザー登録方法を前回ご紹介しました。

ドローンでFPVやるなら必須の第4級アマチュア無線技士試験に合格!東京(本部)では月1回の当日受付による試験で免許の申請まで出来ます!
Tiny Whoop FPVへの道!開局申請その① アマチュア無線免許証が届いたら総務省『電波利用 電子申請・届出システムLite』にユーザー登録をしよう!

はじめてのFPV用カメラの選定!

そしてFPVに向け早速無線局の開局申請といきたいところですが、申請するためのカメラの選定になかなか手こずりました。
というのもBanggoodなどの海外通販サイトでは多数のFPV用のカメラやビデオ送信機(VTX)が販売されています。

当然海外で販売されているVTXは日本での技適証明が取れていないものがほとんどで、それを使用するためには保証業務を行う団体であるJARDやTSSを通じて保証の証明をしてもらう必要があります。

その際にVTXがどのような発振回路や増幅器で電波を出力しているかをブロック図で簡略化して描いた『系統図』というものが必ず必要となってきます。
しかし回路を解析して系統図を描くなんて、はじめて開局申請をする私のような素人には簡単に出来るものじゃありません。

そこでいろいろ探した結果、海外サイトで購入するより少し値段が高く扱われている製品数も限られますが系統図付属で販売している日本の販売店(「侍 SAMURAI DRONE」や「ep-models」など)で購入することに。

そして私がはじめてのFPV用カメラに選んだのがBETAFPVの『Z01 AIO Camera 5.8G 25mW VTX』。

BETAFPV『Z01 AIO Camera 5.8G 25mW VTX』

AIO(オールインワン)タイプのカメラ

カメラとビデオ送信機(VTX)が一体となったAIO(オールインワンの略)タイプのカメラとなっています。
重量は4.8g。

OSD(on screen display)機能が付いている

OSD(on screen display)機能が付いているので、FC(フライトコントローラー)と接続することでバッテリーの残量や機体の姿勢や高度などを受信機(ゴーグルなど)に表示させることができます。
FCと接続するためのJST1.25のケーブルも付属しています。

専用のカメラホルダーが付属

専用のカメラホルダーが付属しています。

私の持っているEachine E010E011のフレームにもしっかり固定できます。

一緒に購入したBETAFPVのクリアキャノピーにもバッチリです!

系統図付属で販売しているのもを選ぶ!

そしてこちらが開局申請に一番必要な系統図。

今回紹介したこの系統図付のカメラは、「侍 SAMURAI DRONE」さんで購入させてもらいました。

まとめ

最後に私がはじめてのFPV用カメラに『BETAFPV Z01 AIO Camera』を選んだ理由をまとめてみました。

はじめてのFPV用カメラに『BETAFPV Z01 AIO Camera』を選んだ理由
  1. カメラとビデオ送信機(VTX)が一体となったAIO(オールインワン)タイプなのではじめてでも扱いやすそう。
  2.  系統図付属で販売されていたため。
  3.  OSD(on screen display)機能が付いている。

いろいろ思案してようやくはじめてのFPV用カメラを購入することができました。
これで無線局の開局申請に挑むことがでます。

無事に開局申請ができたらまたご紹介したいと思います。
梅雨明けまでには免許状取れればいいんだけどなぁー!

 

コメントを残す