【Tiny Whoop】あると大変便利なプロペラ外し用Uレンチ

Tiny Whoopというものの魅力に魅せられ中華フープEachine E010E011を飛ばして練習をしている毎日です。

トイドローンEachine E010を購入!Tiny Whoop(タイニーフープ)をはじめる練習機に最適!
サンタが乗ったトイドローンEachine E011を購入!可愛い見た目とは裏腹に7mmモーターでキビキビ飛んでくれます!

現在、JARDで保証審査中でまだ無線局の免許状が取れていない状態なのでフープにカメラを乗っけてFPVができませんが、とりあえず野外で目視での飛行練習をしています。

野外で飛ばしていると木や壁にぶつかったり、コンクリートの地面に激突なんてことが多々あります。
E010E011のフレームは非常に丈夫にできていますが、衝突の衝撃でフレームが折れ曲がったりプロペラの羽根が破損してしまうことがよくあります。

フレームやプロペラの予備は事前にいつくか練習用でストックしているのですが、その交換作業が素手だとなかなか大変ですよね!
フレームやプロペラの交換時、今まで素手で交換していたのですが、素手でプロペラを引っこ抜くのは結構大変でプロペラが折れ曲がってしまうことがよくありました。

そこで今回ご紹介するのが、Banggoodで見つけたプロペラを外す際に使用する『プロペラ外し用Uレンチ』。
これがあるとプロペラを外す作業が一瞬でできてしまいます。
こんな便利な道具探していたんですよ。

Tiny Whoop プロペラ外し用Uレンチ

ペラを外すためのUレンチはいろんなサイズのものが販売されているようですが、今回ご紹介するのはBanggoodで購入した1セルフープサイズのペラに対応した『プロペラ外し用Uレンチ』。
値段は150円程で大変便利なので2・3個買っとけばよかったと後で後悔!
Banggoodの送料無料配送だと届くのに2週間ほどかかりますもんね。

Uレンチ本体は大変コンパクト。

使い方はいたって簡単!
ペラの根元にこのレンチを差し込みます。

フレーム(モーター部分)を手で固定しながらテコの原理でクイっと押し上げると簡単にプロペラを外すことができます。
これは便利です!

Tiny Whoopって日本ではまだまだ知名度があまりなく(一部の限られた人達だけ)、海外の動画等を見ながら情報を手探り状態で集める感じですが、Tiny Whoopの魅力である機体のカスタマイズや自作機体の制作などとは別方向ですが、今回紹介したようなツールの知識も初心者には必要ですね!

 

コメントを残す