【Banggoodクーポン情報】JumperTX T8SG / iFlight BumbleBee / UR85 / Indoor Whoop 全10%OFF クーポン追加!

【BETAFPV Beta95X Whoop Quadcopter(HD Digital VTX)】やっぱり出ましたねBeta95X! 国内個人運用は難しそうなので通常版リリースを待ちます!

やはり出ちゃいましたね!
最近のBETAFPVさんの新製品リリースラッシュが止まりません!
先日(2日ほど前)に販売が開始された『Beta95X Frame Kit』ですが、それを使った『BETAFPV Beta95X Whoop Quadcopter(HD Digital VTX)』なんて機体がリリースされました。

【Beta95X Frame Kit】Whoopも大型化が止まりませんね!Beta95X Frame Kitが新登場!

ホイールベースが100mm、機体重量110gの2.5インチサイズの機体でデジタルFPVシステムCaddx Vista搭載機となるようです。
もうこのあたりの話になると私全くチンプンカンプンで・・・DJI Digital FPV専用になるのかな?
現行法では国内で飛ばすにはいろいろと制約等があり個人運用では難しそうですね!
すぐに通常版?のHD機や4K機体が登場するのでしょうか?・・・個人的にはそちらの方が興味あるのですが・・・。

Beta95X Frame Kitは購入済みで、届いたら手元にあるBeta85Xやその他85mmサイズのWhoopを載せ替えてテストしてみたいと思っています。

BETAFPV Beta95X Whoop Quadcopter(HD Digital VTX)

DJI Digital FPVシステムで動作するCaddx Vista HD digital video transmitterが搭載と、私には全く手が出せそうにありません。

このCaddx Vistaカメラに最適化された新しいCanopy for Mini Camera V3が使われているようです。

参考 Beta95X Whoop Quadcopter (HD Digital VTX)BETAFPV

1106 4500KVモーターでの4セルバッテリーが推奨されている機体のようですが、私のもっているBeta85Xノーマル機(1105 6000KVモーター仕様)の機体で載せ替え3セルあたりでまず飛ばしてみようかな。

個人的にはmini Camera V2キャノピーを使いCaddx Turtle V2カメラやCanopy for EOS V2 CameraEOS2カメラ等の構成で十分で、手持ち機体だとBeta85Xからの載せ替えで試せそうです。
このあたりの構成でもあらためてリリースされそうですが?個人的には95X Whoop練習機としてこちらの構成の方が気になります。

仕様

機体重量:110g(バッテリー含まず)
ホイールベース:100mm
FC&ESC:F405 Flight Controller & 16A BLHeli_32 ESC V2.0
モーター:1106 4500KV
ペラ:Gemfan 2540 3-Blades Props
レシーバー:Frsky XM+ / DSMX / Futaba S-FHSS / Flysky / TBS Crossfire
バッテリー:4S 450mAh Battery推奨
カメラ&VTX:Caddx Vista
飛行時間:450mAh 4Sバッテリーで4-5分

まとめ!

うちのBeta85XくんはEOS2カメラを使ったノーマル仕様機です。
今の私にはデジタルFPVシステムなんてものは・・・国内で飛ばせる方もそう多くはないでしょうし?

安定して飛ばせられるWhoop練習機としてこのサイズの機体を試してみたいんですよねー。
ToothpickではWhoop形状の機体でみられるWash Out等の挙動は出にくく飛ばしやすいのですが、少し攻めた練習では機体破損が大きく・・・
そんなことで安定感が高い85mmサイズのWhoopを使い練習することが多いのですが、95Xへのサイズアップによる違いを見てみたいのが個人的に興味が大きいところです。

通常版?Beta95Xなんてのも登場するかと思いますが、まずはBeta95X Frame Kitを使い既存機体を載せ替えサイズアップによる飛びを確かめ・・・普段の練習環境に適しているのかまず確かめてみようかと思っています。

コメントを残す