【URUAV UR65】部屋でフープを飛ばすならタートルモード(ひっくり返っても起き上がる)が便利!

 

 

Tiny Whoopに完全にドハマリし時間さえあれば楽しくフープを飛ばしている毎日です。

外で飛ばす時間がなくても部屋で飛ばして楽しめるのもフープの魅力の一つです。

最近ではバルーンアート用の風船を購入し、部屋のいたる所に風船ゲートを設置し一人レースを楽しんでおります!

常時設置しておける定位置にはこのようなちゃんとしたゲートも配置し、お部屋のインテリアとしてもなかなかイケています。

広い野外と違い狭い部屋での飛行では壁や障害物への激突でフープが墜落しひっくり返ってしまうことが多々あります。
その都度フープを起こしに行かなくてはならず、これが結構めんどくさいものです!

普段部屋での練習にはURUAV UR65を飛ばしていますが、これが非常にいい飛びっぷりで大変気に入っています。

はじめてのブラシレスフープ『URUAV UR65』を購入。これ最高に楽しく飛ばせる機体ですね!

そんなUR65くんにタートルモードというものが使えるということで設定してみました。

タートルモード?つまりひっくり返っても片側のモーター2つを回転させ起き上がらせてくれるモードのことです。

前々からこのタートルモードを設定してみようと思っていましたが、野外で、特に私が普段飛ばしている公園は地面がコンクリートではなく砂地なのでひっくり返った状態でモーターを回転させるとフープが砂や泥まみれになってしまいそうで躊躇していました。

最近部屋にゲートを設置したことでお部屋フープを楽しむ機会が多くなり晴れてこのタートルモードを設定してみました。

いやぁー、こりゃ便利だ!
ベットで寝そべってバッテリー切れるまで立ち上がらずFPVを楽しむという、私のちょっとした夢が叶いそう?
それでは設定していきましょう。

【URUAV UR65】タートルモードの設定方法!

Betaflightの設定!

設定方法は簡単です。
まずはBetaflightの設定からやっていきましょう。

UR65にUSBケーブルを繋ぎBetaflightと接続します。
【基本設定】から【ESC/モータープロトコル】に【DSHOT600】を選択、さらに【アーム最大角】を180°に設定します。

次にプロポのスイッチにタートルモードを発動するためのチャンネルをMixer等で設定し、Betaflightの【モード】から【FLIP OVER AFTER CRASH】にチャンネルを割り当てます。

以上のBetaflightの設定が完了したら接続を解除し、BLHELI-ConfiguratorでESCファームウェアを最新のものにしていきます。

BLHELI-ConfiguratorでESCのファームウェアを最新のものに!

次にBLHELI-Configuratorを起動しESCのバージョンを最新のものにしていきます。

UR65にUSBケーブルを繋ぎBLHELI-Configuratorを起動し【Connect】で接続します。

UR65にバッテリーを接続し【Read Setup】をクリックすると各ESCの状態が表示されます。

ここでESCのファームウェアを最新のものにしていきます。

各ESCのファームウェアを個別でバージョンアップすることもできますが面倒なので、【Flash All】で全てのESCをまとめてバージョンアップしていきます。

Flash All】をクリックするとファームウェアのバージョンを選択できるので最新のものを選択。(2018年11月現在 最新バージョンは16.7です)

Flash】をクリックでESCのファームウェアの書き換えが行われていきます。

ファームウェアの書き換えが完了すればタートルモードが使えるようになっているはずです。
BLHELI-Configuratorとの接続を解除し試してみましょう。

タートルモードの発動方法!

以上、Betaflight設定とBLHELI-ConfiguratorでのESCのファームウェアのバージョンアップが完了すればタートルモードが使えるようになっています。

 

タートルモードを発動する方法!
  1. ドローンがひっくり返った状態で【FLIP OVER AFTER CRASH】と【ARM】スイッチをオンにします。
  2.  ピッチかロールを最大に入れてあげればモーターが片側2つだけ回転し起き上がります。
  3.  起き上がりに成功したら【FLIP OVER AFTER CRASH】スイッチをオフにしてタートルモードを解除します。
  4. 一旦ディスアームして再びアームして飛び立ちます。

以上でタートルモードの設定方法でした。

野外、特に地面が砂地の場所では結構砂をかぶるため場所を確認して極力使わないようにしていますが、部屋でフープを飛ばす際は非常に役立ちます。

狭い部屋でコースを設置しているので、ひっくり返るたびにゲートや障害物をまたいでフープを取りに行くなんて毎回面倒くさいですからね!

設定方法は非常に簡単なのでまだ設定されていない方はぜひ試してみてください!

 

1 Comment

ecogokuu

タートルモードって2つのSW切り替えるのめんどくさくないですか? 1つで出来ないですか~

コメントを残す