【Banggoodセール情報】Fatshark HDO $70 OFFクーポン追加しました!

【Eachine US65(URUAV UR65)】バインドから飛ばすまでの最低限のBetaflight設定をやってみる!

前回『1セルブラシレスWhoopといえば『Eachine US65(URUAV UR65)』は外せない!3台目がやって来たので最短で最適な構成にカスタマイズしてみました!』の続きとなります。

1セルブラシレスWhoopの代表機とも言えるEachine US65URUAV UR65)、大好きな機体の1つで当ブログでもカスタマイズ等何度もご紹介してきました。

当ブログへの問い合わせもこのUR関係の話が一番多く、その中でも初めて飛ばされる方からのバインドやBetaflight設定の問い合わせを多数頂いております。

カスタマイズ等の話は多数ご紹介させてもらっているのですが、バインド方法やBetaflight設定の話はあまり書いていなかったので、今回、バインドから飛ばせる状態にするまでの最低限のBetaflight設定をご紹介しようと思います。

【UR65 & US65】バインドから飛ばせる状態にするまでの最低限のBetaflight設定!

まずは現在のEachine US65の機体構成をご紹介しておきます。

標準フレームは非常に弱くフレーム折れが頻繁に発生する為、Beta65 Proフレームに載せ替えています。

UR65のフレームをBETAFPV『Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Upgraded Frame』に交換しモーターシャフト折れ&フレーム割れ問題を改善!

また標準の0603モーターのシャフト径が0.8mmと細く、こちらもシャフト折れをよく起こすのでシャフト径1.0mmのモーターに交換しています。

0603モーターから08系のモーターに載せ替えるとパワフルかつ飛行時間もかなり延びるため、BETAFPV製の0802(175000KV)モーターに載せ替えています。

【URUAV UR65】BETAFPV 0802 17500KVモーターに交換!パワーアップ&飛行時間大幅アップという驚きの結果に!

そして、Prop Wash対策として後で説明しますが[モーター回転方向を逆転]設定をしていますが、それに伴いモーターの配置を物理的に変えています。(BLHELIでreversed設定でも問題ありません!)

【Tiny Whoop】激しいコーナーリングで機体がガクッと落ち込む『Prop wash』。ペラ構成を反転させた『Props Out』で改善したという話!

それではUS65UR65のバインドからBetaflight設定をやっていきましょう。

Betaflight 設定 & バインド!

ここからBetaflightの設定に移りますが、飛ばせる状態にするまでの最低限の設定に限定してご紹介したいと思います。

デフォルトの設定値を保存!

まずは初期状態の設定を保存しておきます。
【CLIコマンドライン】からdump allと入力し初期状態の設定を保存。

ポート設定!

ポート設定はデフォルトの状態で特に問題なさそうですね!

基本設定!

デフォルトで[モーター回転方向を逆転設定]にされていないので、Prop Wash対策のために逆転設定にします。

MEMO
この設定によりモーターの配置を物理的に入れ替える必要があります!
US65(UR65も同様)の場合、下写真のように配線が赤色モーターと黒色モーターをペラごと入れ替えれば完了です!

【Tiny Whoop】激しいコーナーリングで機体がガクッと落ち込む『Prop wash』。ペラ構成を反転させた『Props Out』で改善したという話!

またBLHELIで全モーターにreversed設定をする方法もあります。
こちらは後述します。

MOTOR_STOP(アーム後にモーターを回転させない)をオフに変更。
アーミング角度をデフォルトの25°から180°に変更しました。

機体名を入力し、カメラアングルを25°に設定。
受信機設定は、FRSKY_X(D16)に設定しました。

BEEP設定はデフォルトで全てオン設定になっていますが特に問題ないですね。
Dshotビーコントーンをオン設定に変更しました。

電源・バッテリー設定!

バッテリー容量を250mAhに設定しました。
その他は特に初期状態の設定で問題ないようですが、HVバッテリー使用がメインとなりそうなので最大電圧を4.5Vに上げ、警告電圧及び最小電圧を少し下げました。
あとは飛ばしながら微調整していけばいいと思います。

PIDチューニング!

デフォルトで設定されているPID設定は以下の1つのみです。
設定は普段飛ばされている機体を参考にお好みで設定してみて下さい。
これからUR65を飛ばそうとお考えの方は、特に変更する必要はないと思います。

機体とのバインド!

ここまで設定ができたら機体と送信機とのバインド作業に移ります。
USB接続のみでバインド作業はできます。(バッテリー接続の必要はありません)
USB接続し電源が供給されている状態でBINDボタンを2秒以上押し続けるとFCがバインドモードに入るので、送信機側の[BIND]ボタンを押しバインドします。

送信機とのバインドが完了したら、一旦USB接続を解除し電源オフ後、もう一度Betaflightに接続し他の設定をしていきます。

受信機設定!

送信機とのバインド作業が完了したら次に【受信機】タブへと移ります。
チャンネルマップをAETR1234に設定。(ここではFC内蔵受信機がFrskyで説明していきます。)

モード設定!

初期状態ではARM・ANGLE・AIR MODE・FLIP OVER AFTER CRASHが設定されています。

最低限の設定(フライトモード・ブザー等)を追加します。

OSD設定!

こちらはお好みで設定して下さい!

VTXのBand & Channelの設定!

ゴーグルに映像を送信するためのVTXの送信周波数を設定します。
【CLIコマンドライン】から設定していきます。

【例】5705MHz(Band:3 CH:1)の場合
Set vtx_band=3
Set vtx_channel=1
Set vtx_freq=5705
save

設定データの保存!

以上でBetaflightでの設定は完了です!
これまでの設定内容を【CLIコマンドライン】からdiff all(差分バックアップ)で保存して完了となります!

BLHELIでの設定!

上記のBetaflight設定でProp Wash対策としてモーター回転方向を逆転設定にしました。
その際に物理的にモーターの配置を入れ替えた場合は必要ありませんが、BLHELIからの設定でモーター回転を逆転させても問題ありません。(ペラの入れ替えは必要ですが!)

その際は、全てのモーターをreversed設定して完了です!

【Tiny Whoop】激しいコーナーリングで機体がガクッと落ち込む『Prop wash』。ペラ構成を反転させた『Props Out』で改善したという話!

まとめ!

以上でUS65UR65も同様)でのバインドから飛ばせる状態にするまでのBetaflight設定は完了です!
あとは飛ばしながら微調整等していけば問題ないかと思います。

 

 

 

 

 

6 COMMENTS

マサキチ

いつも楽しく拝読させたいただいています。逆回転仕様いつかやりたいですねー(^^)
新しく手に入れたFCにロスト防止のブザーつけようとしました!結果、火花が飛んでFCがお亡くなりになりました
短絡したんかなぁ。まだ私にはハードル高すぎました

東京バード

あらー!!
確かにURのブザー取り付けはピッチがかなり狭いので難易度高いですよね!
私なんてこのURのブザー取り付けのために新しく半田ごてを新調したぐらいですから。
まだこの3号機にはブザー付けてなく、昨日野外で飛ばしてみたのですが、野外ではブザーは必須ですね。
一度草むらに落ちたのですが探すのが大変で!
時間できたらこの子にもブザー取り付けてみます。

マサキチ

やはり半田ごてを専用にしないといかんかぁ

マサキチ

FCが火花散らしてお亡くなりになったんで、予備のFCを乗せて、最新のバージョンBetaflight5.01で設定しようとしましたが、バッテリーや電圧設定、モード設定、OSD設定が全くできなかった!色々調べて、バージョンを落として4.00で再度設定したら出来ました!こんなことあるんですかね?機体セットで買った時は最新のバージョンで設定できたんですが…。今後バージョンを簡単にあげれるんだろうか…。飛ばす以外で悩みが尽きません

マサキチ

よかった〜〜!(^^)
私だけが苦しんでいたわけじゃなかった!

コメントを残す