【Banggoodクーポン情報】Eachine EV300O最安値 / Taranis送信機 / UZ65 / Caddx Loris etcクーポン追加!

【Emax Tinyhawk Freestyle】バッテリーのマウントはトップ or ボトム?結局どっちがいいのだろうか?

やっぱり楽しいTinyhawk Freestyle
2セルToothpick『Emax Tinyhawk Freestyle』ですが、個人的に昨年お仲間になった機体の中でダントツ面白い機体でまだまだ楽しませてくれそうです!
大好きな機体でこれまでいろいろとご紹介してきました。

専用カメラマウントを使いCaddx Turbo EOS2カメラに変更し、VTXも出力の高いものに変え受信機も増設してとフルカスタマイズ?させています。
この構成でのTinyhawk Freestyleは安心して飛ばせられ、飛行に関しては今までトラブルなど一度もなく理想的な構成だと感じています。(自画自賛です)

【Emax Tinyhawk Freestyleフルカスタマイズ】Caddx Turbo EOS2カメラ&200mW出力VTX、Frsky xm+レシーバーでカスタマイズ!

新しいTinyhawk Ⅱも最近お仲間になりましたが、Tinyhawkシリーズの機体はほんと楽しいですね!
どの機体も飛ばしやすくてそれでいてよく飛んでくれる・・・私のようなドローン初心者でも楽しく飛ばすことができます。

【Emax Tinyhawk Ⅱ】カメラ&VTXがアップグレード!カメラ角度の調整も可能とこれまでのTinyhawkの弱点が改善されています!

そんなTinyhawk Freestyleなんですが、昨年から気になっていたというか比較してみたいことがありまして。
飛ばされている方はお分かりだと思いますが、標準状態でのバッテリーマウント位置はトッププレート上にバッテリーを置くようになっています。

標準状態でこのマウント方法が取られているということは飛行性能等踏まえメーカー側の判断なので、おそらくこの方がいいということなんでしょうか?

【Emax Tinyhawk Freestyle】バッテリーマウント位置はどっちがいいのだろうか?

フリースタイル機など見ているとバッテリーは上置きに設置していることが多いようで・・・
飛行性能から?なのか、カメラ位置(地面スレスレの映像が撮れる)?からなのか、このあたり全く詳しくないのですが、このTinyhawk Freestyleに関していえば個人的にはもう下置きの設置で問題ないように思います。

先日、無風状態で飛ばす事ができたので比較してみたのですが、ロールやフリップを入れる時に確かに多少の飛びの違いは感じます。
重心の位置が変わるわけですから当然といえば当然なんですが。
しかし2セル機ですからそこまで大きな変化でもなく、DVRで撮った映像を後で比較してみてもどっちの映像が?なんてレベルですから。(私の腕では)

それよりもトッププレートに設置した場合のバッテリーケーブルのペラ巻き込みの方が問題は大きいようです。
これは飛ばし始めた当初から感じていましたが、バッテリーを上置きにした場合にバッテリーのケーブルやピッグテールがペラに巻き込み引きちぎれて墜落・・・もうこれ3回ほど経験し、1度フレーム破損なんてことがありましたから。

そんなことを踏まえ、個人的にはもうバッテリー下置きでいいんじゃないかと。
というか、もう下置きでいきます!

1セルでも飛ばせられるけど・・・!

次に1セル飛行について。
Tinyhawk Freestyleは2セル機ですが1セルでの飛行も可能となっています。
1セルでもそこそこ飛ばしていて楽しかったので標準で付いている1セル×2本のピッグテールは残し、さらにXT30プラグを追加する形でこれまで飛ばしていました。
これで1セルでの飛行や1セルバッテリー×2本の2セル、XT30プラグで2セルバッテリーで飛ばせる形としていました。

なんですが、最近1セルToothpick『BETAFPV HX100 SE』を飛ばすようになりましたが、この機体の飛行性能が素晴らしく。
1セルToothpickとして比較すると圧倒的にこのHX100 SEに軍配があがるかと思います。

【BETAFPV HX100 SE FPV Quad】新規格BT2.0コネクタ採用BETAFPVの新しい1セルToothpick HX100 SEがやって来た!

Tinyhawk Freestyleでは2セル機なので7000KVと低いKV値のモーターが使われ、機体重量もHX100 SEと比べて約25gほど重くなっています。(いろいろカスタマイズしているので少し重くなっています)

1セル機として比べてしまうと機体重量やモーターの違いがあり当然の結果だと思いますが、HX100 SEの登場でTinyhawk Freestyleの方は完全に2セル機として運用していこうと思います。
余分な1セルピッグテールも取っ払ってスマートに2セル機としてこれから飛ばしていけそうです。

最後に!

個人的に昨年ダントツで飛ばしていて面白かった機体で、これからもまだまだ楽しませてくれる機体です。

勝手にTop3!今年ハマったWhoopくんランキング2019!

これに勝る機体に今年はまだ巡り合っていませんが、ドローンの進化早いですから楽しみですね!

コメントを残す