書籍『はじめてのM5StickC』のご紹介!記事掲載して頂きました。

Sunlu製フィラメントドライヤーをメタルラック(ハーフシェルフ)に設置するためのスタンドを製作しました!【STLデータ公開】

3Dプリンタを使われている方ならもうご存知だと思いますが持っていると便利・・・といいますか持ってないと不便となってくる必須アイテムにフィラメントドライヤーがあります。

3Dプリンタで使われるフィラメントは取り込まれた水分により糸引きの発生や積層間の密着性の悪さ、フィラメント排出の不均一など造形に悪影響を及ぼします。
そんな事でみなさん密閉性の高いドライボックスの中にシリカゲルなどの吸湿剤を入れてフィラメントの保管管理をやられているかと思います。

私の場合、あまり使う頻度が高くないフィラメントは大きなドライボックスやカメラ用の防湿庫に入れて湿度管理しながら保管しています。

【3Dプリンタ】ドライボックスを購入。フィラメント保管用に作られたかのようなサイズ感で綺麗に収納できます!

また、頻繁に使うものに関してはフィラメントの送り出し機能が付いたドライボックスをDIYして使っています。

【3Dプリンタ】フィラメント送り出し機能が付いたドライボックスをDIYしてみました!(ダイソー密封容器5.5L使用)

しかしながら、いくら保管に気を配っていても1度フィラメントに取り込まれてしまった水分はシリカゲルなどの吸湿剤では除去する事が出来ないことからフィラメントドライヤーなどを使いフィラメント自体を加熱して吸湿してしまった水分を除去する必要があります。
フードドライヤーを使われている方も多いようですね!
3Dプリンタをやられている方は、フィラメントドライヤーやフードドライヤーは1台持っていると大変便利となるます。

フィラメントドライヤーに関してはメジャーなもの(よく見かけるもの)は数種ありますが、私はSunlu S1フィラメントドライヤーを使っています。
非常にコンパクトで3Dプリンタまわりに置いて加熱処理後、そのまま運用することも出来るため使われている方も多いと覆思います。

【SUNLU FilaDryerS1】Sunlu製フィラメントドライヤーを試してみる!3Dプリンタユーザーは1台持っていると便利ですね!
Sunlu S1フィラメントドライヤーにPTFEチューブ&湿度計をマウントできるブラケットを作ってみました!【STLデータ公開】

そして今回は、このSunlu S1フィラメントドライヤーをメタルラックに設置する際のスタンドのご紹介となります。

Sunlu S1フィラメントドライヤーを幅狭タイプのメタルラックに設置するためのスタンドを製作

このSunlu S1フィラメントドライヤーのサイズは100mm×271mm×237mmとなっています。
1kgフィラメントスプールのサイズにプラス数cmのサイズと非常にコンパクトになっていますが、幅狭のメタルラックに置く場合には真っ直ぐ置けない場合が出てきます。

メタルラックにはホームセンターなどで売られている独自規格サイズのものもあるようですが、一般的によく使われているものといえばエレクター(ERECTA)ルミナス(Luminous)になるかと思います。

そしてこのラックにはハーフシェルフと呼ばれる奥行きが25cmタイプの幅が狭い棚があります。
私はルミナスのラックにこのハーフシェルフの棚を取り付けてそこにドライボックスやフィラメントドライヤーを置いて使っています。

このハーフシェルフは奥行きが25cmしかないため、奥行き方向のサイズが27.1mmのSunlu製のフィラメントドライヤーを置きたい場合、どうしても真っ直ぐ置くことが出来ません。

そんな事でこのようなスタンドを取り付けて使っています。
個人的には非常にいい出来のスタンドだと思っています。
しかし、あまりにも限定的な使用用途で需要はないだろうと思っていましたが・・・!

そしてSNSを見た方から使ってみたいというお問い合わせを頂きました。
自分もすっかり忘れていましたが、Twitterに一度だけこのスタンドのことを投稿していてどうやらこの投稿を見た方からブログの方にお問い合わせを頂いたという経緯となります。

Twitterの投稿から私のブログを調べてお問い合わせを頂いたようで・・・ご要望があるならとThingiverseにデータをアップしました。

3Dプリンタの設置にメタルラックを使われている方は多く見かけますが、ハーフシェルフにSunlu製のフィラメントドライヤーを設置したい方って他にもいるのかな?
限定的ではありますが、このような環境で使ってみたいという方は試してみて下さい。
STLデータはこちらからダウンロードできます!

参考 Sunlu S1 Filament Dryer Metalrack Stand(Half Shelf)Thingiverse

折角なので少し形状をご紹介しておきます。
先述のようにハーフシェルフの奥行きは25cmとなっています。
Sunlu S1フィラメントドライヤーを置くには約2cmほどサイズが足りないためこれを埋めるためのスタンドとなります。

モデリング時はこのように一体化したものを作りました。
このサイズのままだと私の使っているEnder3 V2やArtillery Geniusの造形サイズをオーバーしているため出力ができませんでした。

大型サイズではない一般的な?3Dプリンタの造形エリアはだいたい20cm×20cmくらいだと思います。
このサイズの機種でも出力出来るようにパーツを分割しフィラメントドライヤーを上においた際に不安定にならないように調整しました。

個人的にはかなりよく出来たと思いっています。

メタルラック用ハーフシェルフ(奥行き25cmタイプ)にSunlu S1フィラメントドライヤーを置くためのスタンドとなり限定的ではありますが、同様のラックを持っているけど設置ができなかったという方は使ってみて下さい。

コメントを残す