月刊I/O 2022年5月号『Raspberry Piで作る電子工作』に記事を掲載して頂きました!

【3Dプリンタ】LEDテープライトのリモコン用ホルダーを作ってみました!【STLデータ公開】

LEDテープライト、使っている方多いのではないでしょうか?

LEDテープライトは細いテープ状の基盤に5050や3216(LEDのサイズです)などのチップLEDが取り付けられたもので、熱を持ちにくいLEDの利点を生かしテープ状にすることにより場所を選ばず設置出来るというものです。

寝室やリビングなど部屋の間接照明として使うことが出来ます。
テープの長さを自由にカットして使うことが出来ることから、PCまわりに取り付けて雰囲気作りをされている方も多いと思います!

【LEDテープライト】Whoopのお部屋コースにも使えるLEDテープライト!これを使って部屋の雰囲気をちょっと変えてみたという話!

私も趣味部屋でPC作業や映画鑑賞する時などに間接照明として点灯させたり、3Dプリンタまわりに設置するなどいくつか使っています。
RGBタイプのLEDが使われているので自由に色を変えたり点灯パターンを切り替えたり出来ることから結構テンションが上がるんですよねー!

WS2811 NeoPixelチップが内蔵されたものでは、1本の信号線(VCC/GND線を入れると3本)でテープ上の全てのLEDの点灯を制御出来ることから、Arduinoなどのマイコンボードと接続して様々な点灯パターンを作れたり・・・電子工作用途でもよく使われ楽しめます。

自由に好みのサイズ(長さ)にカットすることが出来るので、用途に応じていろんな場所に設置出来る便利な照明用のテープとなります。

LEDテープライトはいくつか使っていますが、12Vタイプのものや5Vタイプのもの、また付属するリモコンの違いなど製品として販売されているものには仕様の違いなどもあるようです。

今回はLEDテープライトに付属するリモコン用のホルダーを作ってみました。
LEDテープライトを設置したデスクまわりなどに取り付けておけば便利に使えるかと思います。

販売されているLEDテープライトには付属するリモコンのサイズ&形状がいろいろとあるようですが、よく製品サイトで見かける横幅約55mmとなるリモコンに対応したホルダーとなります。

LEDテープライトのリモコン用ホルダーを作ってみました!

ThingiverseにはLEDテープライト用のリモコンホルダーはいくつか公開されていましたが、こちらのタイプのリモコンに適合するデータがほぼなかったので製作しました。(横幅約55mmのリモコン用となります)

形状は非常にシンプルです。
リモコン自体が小型なのでホルダーの厚みを2mmと薄く統一しているので、リモコンを収納した際も違和感なく使えるかと思います。

固定方法をビス固定にするか迷ったんですが、私の環境では両面テープで固定する方が使いやすいということで裏面に両面テープを貼り付けて固定する形状にしています。

固定用両面テープを貼り付ける溝の有無により2タイプのデータを用意しました。

0.5mmの溝を付けているので、1mm厚くらいの両面テープを使えばいい具合に壁などに貼り付けて使うことが出来ます。

またビス固定用の穴を開けたものは公開していませんが、ビス固定の方が設置場所に都合が良いという方はSTEPファイルも公開しているので、使用するビスサイズに応じてCADで穴など開けて使って頂ければと思います。

こちらからダウンロード出来るので興味ある方は使ってみて下さい!

参考 RGB LED Strip Remote Control HolderThingiverse

そんな事でLEDテープライト用のリモコンホルダーのご紹介でした。
3Dプリンタってほんと便利ですよね。
思いついたら何でも作れちゃいます・・・!

コメントを残す