インクサーバーでご家庭にあるプリンタのインクコストが大幅削減!

DSC02064

こんにちは!カメラ大好き、写真大好き東京バード(@bird_tokyo)です。

カメラ好きの人って、写真を撮った後、パソコンで現像処理し、気にいった写真をプリンタを使って写真用紙に印刷しますよね。

私もそうなんですが、そこで一番の問題はプリンタのインクがすぐに無くなってしまうということ。

これ私の使っているエプソンのEP-804AWっていう昨年購入したプリンタなんですが、スキャンやコピー機能が付いてる複合機で、写真印刷も非常に綺麗なんです。

DSC01478

でもインクの消費量が非常に多い。半端無くインクが減るんです。

純正の6色インクだと写真(L版)の印刷で150枚ぐらいでインクが無くなってしまいます。

問題なのは、1色でもインクがなくなると交換するまでプリントアウトしてくれない。

黒インクがあるらか白黒印刷でちょっと文章だけ印刷っていう融通もきかない。

なくなったインクを交換するまでうんともすんともいわなくなってしまう。

 

インクサーバーとは?

そこでネットで見つけたインクサーバーなるものを設置してみました。

設置するといってもいたって簡単。

純正のインクを外し、写真のようなチューブが各色から出ているインクカートリッジを本体に付けるだけ。

たったこれだけなんです。

DSC02060

これ一体どうなってると思います?

インクカートリッジから伸びるそのチューブの先には、、、、

DSC02034DSC02037DSC02038

こんな大きなインクタンクが付いてるんです。

つまりこれ、このタンクからチューブを通してインクカートリッジに常にインクを送る仕組みになっているんです。

この大型タンクに一色あたり100mlのインクが入ります。

純正のカートリッジで大体10mlぐらいなので10倍近いインクが入る計算になります。

何より補充インクも安い。一色100mlの補充インクが大体ネットとかで700〜800円ぐらいで売られています。

純正のインクが6色セットで5000円ぐらいかな。

これで計算すると6色全てこの大きなタンクにインクを補充するのと、純正の6色インクカートリッジ1本買うのとほぼ同価格。

それでいて、インク量は10倍以上

これ非常にコスパに優れていますね!!

DSC02041この大容量タンク、ちょっとやそっとでは減りません

 

インクサーバーの設置

このインクカートリッジを本体に差し込みます。

DSC02063DSC02065

チューブ内に気泡が入っていたので一度ヘッドクリーニングをします。

DSC02072DSC02073

これでチューブ内の気泡がプリンタ本体に引きこまれていきます。

あとはノンストップでタンクのインクが無くなるまで気にすることなく印刷することができます。

 

純正インクと互換インク

でも純正インクじゃなくて大丈夫なの?ってお考えの方いらっしゃると思います。

互換インクってピンキリでいろんな種類のものが売られていて、私も購入にあたって最初心配でした。

私が購入したのは、東京神田に実店舗を持ち、楽天やAmazonなどにも出店されているインク専門店のエコカラーさんで購入しました。

私は主に写真印刷を目的で使用し、結構ヘビーに使っている方ですが、購入後約一年経ちましたが、一度もトラブルを起こしたことがありません。

気になる写真の色合い等も純正のものと遜色なく、違いも分かりません。

 

インク残量表示について

これは最近のプリンタの特性だと思うのですが、インクカートリッジ内のインク残量を計測してるのではなく、プリンタが各色の使用料から判断してインクカートリッジ内にインクがあってもインク交換のサインが定期的に出ます。あたり前のことなんですが。

でも、プリンタの電源を一度落とし入れ直すと、インクカートリッジに付いているチップがリセットされ、再び満タンの表示に変わります。

 

使用1年目でインクを補充

インクサーバーを設置して約1年が経ち、インクもかなり減ってきたので本日補充。

RX100-DSC02318

私のように写真印刷等でヘビーに使っていても1年近くノンストップでプリント出来ました。

普段、文章やwebの印刷ぐらいしかしない方ならインク残量を気にせずかなりの印刷ができるはず。

非常にコスパに優れたインクサーバー。

みなさんも、いかがですか!

 

 

1 Comment

コメントを残す

前の記事

AmazonでSuicaネット決済が可能に!早速、事前登録して…

次の記事

猫がデザインされた500円硬貨!? 栃木県『日光東照宮』の眠り…