『Rain Design mStand』がカッコイイ!MacBook Proと抜群の相性!

RX100-DSC02459

こんにちは、Apple大好き東京バード(@bird_tokyo)です。

最近、以前から欲しかった『Rain Design mStand』を買ってみました。

これが予想以上に良い。というか非常にカッコよく使いやすい。

これ何かというと、ノートパソコンをのせる台。

ただそれだけなんですが、一枚もののアルミ削り出しボディーでシルバーのサンドブラスト仕上げがMacBook Proと非常に相性がいいんです。

乗っけるとiMacみたいな感じに!

これぞアップル!ってな感じ!

一枚のアルミ削り出しボディーのため、角度調整等が出来ないのですが、ディスプレイを目の高さにまで持ち上げることによって快適に作業ができるようになります。

 

Rain Design mStand

DSC07192

後ろにあるのがMacBook Proの15インチ。

結構大きな箱に入っています。

RX100-DSC02343RX100-DSC02345

こんな感じのアルミ削り出しボディー。

後ろにはケーブルを通す穴が。

Appleって感じの外観!

RX100-DSC02366RX100-DSC02355

MacBook Proの15インチを乗せるとこんな感じに。

iMacみたいな感じになり、非常にカッコイイ!

 

こんな感じで使用

MacBook Proをメインで使用している私の場合、以前は、Apple Wireless KeyboardとMagic Trackpadを使いクラムシェルモードで外部ディスプレイに出力して使用していました。

しかしこのクラムシェルモードで使用していると一つ大きな問題が。

SkypeやFaceTimeなど本体内蔵のカメラを使用する場合、MacBook Proを閉じた状態で使用するクラムシェルモードではカメラが使用できないということ。

その都度、MacBook Proを開きカメラを使えるようにするっていうのがいつも手間でした。

 

そこで『Rain Design mStand』を使用し、クラムシェルモードとはおさらば。

MacBook ProのディスプレイにSkype、FaceTime等を配置し、外部ディスプレイでメインの作業をするように。

これでMacBook Proの画面も生かしたデュアルディスプレイ環境で非常に快適になり、デスク周りもスッキリしました。

RX100-DSC02390

 

 

2 Comments

コメントを残す