年に一度はやっておこう!MacBook Proのファンのお掃除をやったらスゴイことになっていた!!

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03739

まだまだ現役で働いてくれている私のMacBook Pro(Early2011)。
新しいRetinaのものに何度か買い換えようと思ったこともありますが、まだまだサクサク動いてくれるこいつが可愛くて可愛くて仕方ありません!
負荷がかかるLightroomの写真現像処理等も難なくこなしてくれます!

そんな可愛い私のMacBook Pro君、前々から中を開けてファンのお掃除をしてやりたかったんですが先延ばしになっていました。
パソコンのファンって意外とホコリが溜まるもんなんですよね!

重い腰を上げ、ファンの掃除をしてみました。

MacBook Proのファンの掃除をやってみよう!

結果から言うとMacBook Pro君のファンを取り外し開けてみるとビックリ、想像以上のホコリが溜まっていました!

MacBook Pro君の掃除をするのは、HDDをSSDに交換した時以来でもう2年以上も経っています。
前回このMacBook Proを開けた時の様子はこちら!

MacBook Proの光学ドライブを取り外し、『SSD+HDDのデュアルストレージ』にする方法

MacBook Proのファンを取り外すにはトルクスドライバーが必要!

早速、MacBook Proの蓋を開けてファンを掃除していきますが、最低限必要な道具があります。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03746

必要な道具

必要な道具
  • ファンがホコリまみれになっているであろうMacBook Pro
  • 精密ドライバー 小さいプラス(PH00)
  • トルクスドライバー(星形)T6

先日、『38in1特殊ドライバーセット』というものを買ったのですが、精密ドライバーやトルクスドライバー、iPhoneを分解するときに必要な星形(0.8)などがセットになった便利なドライバーセットとなっています。

一つ持っておくといろんな用途で使えるので大変便利ですよ。

ガジェット好きの強い味方!1台持っておくと大変便利な【特殊ドライバーセット】を買ってみた!
以外に簡単!iPhoneのバッテリーを自分で交換!わずか1,800円程度でiPhoneが完全復活!

あると便利な道具

あると便利な道具
  • エアダスター
  • レンズクリーニングペーパー
  • 爪楊枝

エアダスターで大きなホコリを吹き飛ばし、レンズクリーニングペーパーでファンにこびり付いたホコリを根こそぎ取ります。

ウェットティッシュでも大丈夫だと思いますが、内部は精密機器のため速乾性があるレンズクリーニングペーパーなどの方がベストだと思います。

こちらは私が愛用しているレンズクリーニングペーパー。
カメラやレンズ、iPhoneや液晶画面など何でも使えて、乾いた後も拭きムラやケバケバが出にくくてオススメです。

カメラ好きの必須アイテム!?カメラやスマホなど何でも使える『KINGレンズクリーニングティッシュ』が大変便利!

手順① MacBook Proが冷めるまで待ちましょう!

CPUやGPUなどは非常に高温になるため、MacBook Proをシャットダウンして完全に冷めるまで待ちましょう。

手順② MacBook Proのフタを開ける!

プラスの精密ドライバー(PH00)を使ってMacBook Proの蓋を開けます。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03718

MacBook Pro(Early2011)では3ヶ所長いネジとなっています。

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8763

手順③ エアダスターで大きなホコリを吹き飛ばす!

蓋を開けてビックリ、ホコリまみれのファン!

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8767

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8768

蓋の裏にもビッシリとホコリが!

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8765

やっぱり年に一回は掃除をした方がいいですね!
エアダスターを使ってファン周りにこびり付いた大きなホコリを吹き飛ばします。
エアダスターがない場合、カメラのブロアーなどでもいけそうです。

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8776

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8778

これだけでもだいぶ綺麗になりました!

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8782

手順④ ファンの羽の隙間をお掃除!

次にファン本体の掃除をしてきます。
ここで役立つのが、レンズクリーニングティッシュと楊枝。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03723

楊枝に小さく切ったレンズクリーニングティッシュを巻き付け、ファンの隙間に溜まったホコリをとっていきます。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03724

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03728

手順⑤ ファンを外してお掃除!

まずはファンを固定しているネジを外します。
MacBook Pro(Early2011)は3ヶ所で固定されています。

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8785

ネジの形状は普段あまり見慣れない星形のネジとなっています。
ここでトルクスドライバーの出番です。
サイズは、T6番のものが必要となってきます。

mac-book-pro-fan-cleaning-RX100-_DSC8787

ネジを外してファンを持ち上げてみると、スゴイことに!!

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03732

なんじゃこりゃー!もうホコリというレベルじゃない!

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03735

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03736

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03739

ここもレンズクリーニングペーパーで綺麗にしてあげましょう。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03741

最後に! 一応、動作確認を!

お掃除後はこんな感じに!
ずいぶんと綺麗になりました。

mac-book-pro-fan-cleaning-1DSC03743

後は逆の手順で元に戻したら、一応ちゃんと動くか動作確認をしておしまいです!

想像以上にホコリが溜まるファン周りのお掃除、年に一回はやってあげたほうがいいですね。
何よりちゃんと掃除をしてあげることで愛着が湧いてきます。

 

コメントを残す