iPhone内の写真や動画をパソコン(Mac)に保存する一番簡単な方法!

iPhone内の写真や動画のバックアップ方法はいくつかあります。
iCloudを使ったりDropboxやGoogle Driveを使ったりと人それぞれだと思います。
共通して言えるのは、大切なデータは定期的にちゃんとバックアップしておかないといけないということ!
写真や動画などデジタルデータは消える時は一瞬だからです。

私の場合、iPhone内の写真と動画のデータは定期的にMacに取り込み、Lightroomで管理しています。
さらにAmazonプライムフォトにも保存するようにしています。
これでローカル(パソコン内)とクラウドの両方に二重でバックアップしている感じです。

写真や動画の管理やバックアップ方法は人によって違うと思いますが、iPhone内のデータを取り出しパソコン(ローカル)に保存する作業は共通しています。

ここではiPhone内にある写真や動画のデータをMacに標準で付いているアプリ『イメージキャプチャ』を使ってMacに保存する方法をご紹介します。

イメージキャプチャを使ってiPhone内の写真や動画をMacに保存する方法!

iPhone内の写真や動画のデータは、Mac標準アプリ『イメージキャプチャ』を使えば簡単に取り出すことが出来ます。
イメージキャプチャって何?って方はこのアイコンを探してみて下さい。

まずはイメージキャプチャを立ち上げ、iPhoneとMacをLightningケーブルでつなぎます。
iPhoneでパスコードを設定している場合は解除を求められます。

iPhone内の写真と動画が一覧で表示されます。
表示方法も、リストと一覧の選択ができます。

MEMO
RAW形式のファイルはサムネイルが表示されないようです!

次に保存先のフォルダを指定します。

読み込み後、iPhone内にデータを残しておきたい場合は[読み込み後に削除]項目のチェックをはずしておきます。
[すべてを読み込む]をクリックすると指定フォルダに保存されます。

注意
[読み込み後に削除]項目にチェックを入れると、Macにデータを保存後、取り込んだデータはiPhone内から削除されてしいます!
MEMO
指定した写真を個別で読み込むには、写真を選択(複数可)し[読み込み]をクリックします。

以上でイメージキャプチャを使ってiPhone内の写真や動画をMacに保存する方法でした。
大切な写真や動画データ、定期的にバックアップするようにしておきましょう。
また、iPhoneの機種変更の際に全データをMacに保存するのにも役立ちますね!

 

コメントを残す