Alexa(アレクサ)が違う地域の天気を伝えてきた時の対処法!【Amazon Echo】

今流行りのスマートスピーカーAmazon Echo Dotを購入して以来、Alexa(アレクサ)に話しかける毎日です。
招待制の販売から、現在は一般販売が開始され誰でもAmazon Echoを購入することが出来るようになりました。

Amazon Echo(アマゾン エコー)を購入!まずは初期設定をしていこう!

これからどんどん普及していくであろうスマートスピーカーAmazon Echoですが、購入後のセットアップが完了したら、まずみなさんがやってみるのが天気の確認じゃないでしょうか?

「アレクサ、今日の天気教えて?」と問いかけるとご自宅付近の天気をアレクサが音声で教えてくれます。
私もそうでしたが、ちょっと感動しました!

ところが、何かのトラブル?でアレクサが違う地域の天気を案内してきたら!

東京バード

アレクサ、今日の天気教えて!
今日の港区の天気は・・・・

Alexa

東京バード

ん?ここ港区じゃないんだけどな?

Amazon Echoは購入者のアカウント情報が紐付いた状態で出荷されています。

大抵の場合、何もしなくても購入者の住所が設定されているので問題ないのですが、引っ越し等で住所が変わった場合や使用していくうちに「Amazon Alexa」アプリで間違って住所情報を変更してしまった等でアレクサが正しい地域の天気を教えてくれない場合があります。

そんな時は、「Amazon Alexa」アプリから正しい住所を登録してあげれば問題は解決です!

「Amazon Alexa」アプリで正しい住所を登録しよう!

「Amazon Alexa」アプリの【メニュー】から【設定】へと進みます。

お使いのAmazon Echoを選択し、【デバイスの所在地】を確認します。

【編集】から正しい住所を入力し、【保存】で完了です。

これで設定は完了です。
試しにアレクサにお天気をたずねてみて下さい。
ちゃんとお住まいの地域の天気を教えてくれるはずですよ!

 

コメントを残す