2022年8月26日発売 書籍『あっと驚く技術力 ガジェット改造』に記事を掲載して頂きました!

【3Dプリンタ】シンプルなノギスホルダーを作ってみました。これ、かなり便利です!【STLデータ公開】

3Dプリンタ関連のもので普段よく使うマストアイテムはいくつかあります。
スクレイパーやラチェットレンチ・マスキングテープやシックネスゲージといったところでしょうか。
3Dプリンタをやられている方なら一度は使ったことがあるアイテムだと思います。

3Dプリンタ歴半年となりましたが普段使っているあると便利なアイテム4選をご紹介!

そして3Dプリンタを使って自分がイメージしたものを形にしようと思うとCADでの設計が必要となってきます。
CADを使ったモデリングにもいろいろと便利アイテムがあると思いますが、私が使っているマストアイテムは0開始の0.5mm刻み直尺定規差し金、そしてデジタルノギスの3つです。

この3つはよく使う必須アイテムなので手の届く場所に常に置いておきたいのですが・・・定規や差し金は鉛筆立てなどに立てておけばいいのですが、ノギスだけはどうしても・・・

普段引き出しに入れているのですが、ノギスってそこそこサイズも大きく形が歪なので引き出しの中も整理しにくく。
使う頻度が高い道具なのでハードケース的なものに入れておくのも面倒となる厄介な道具ですよね。
そんな事で壁掛けやフックなどに取り付けられるシンプルなノギスホルダーを作ってみました。

Thingiverseにはノギスを収納するためのハードケースやスタンドなど多数投稿されているようです。
私の場合ですがノギスを使う頻度が結構高いためハードケースの収納は毎回取り出しが面倒になるし、スタンドタイプのものは作業デスクのスペースの関係で邪魔になりそうということで、壁掛けやフックを使って固定できるシンプルな形状のもに限定すると有孔ボードに取り付け出来るタイプのものなど数が限られてきます。

これまでいくつか試作してはいたのですが・・・、私の求める用途に合致する良いモデルがありました。
そうそう、こんな感じのやつを探してたんですよねー!

使う頻度が高いものなのでシンプルで無駄がない形状のものが一番使いやすくなります。
製作者の方に感謝ですね!

今回は上記モデルを私の使用用途&環境にさらにマッチするようにリミックスとして作り変えてみました。

オリジナルのモデルが自分の好むものだとリミックスの製作って作っていて非常に楽しいのですが、ものによっては結構時間がかかります。

STEPファイルなどの提供がなくSTLファイルのみだとリミックスとして作る場合、ソリッドボディーに変換しても狙った面が取りにくく複雑な形状の変更が難しくなるため、1から作った方が早かったりと・・・

今回のモデルは形状はシンプルですが各所フィレット等付けられていたため、完全にスケッチから起こし直して作成したので全く別の形状に作り変えることも出来たのですが・・・

ノギスを装着するとちゃんと真っ直ぐになるようにオリジナルモデルの形状はよく考えられています。
こういうモデルはほんと勉強になりますね。

ということで、ベースの形状は残しあとは自分の環境でさらに使いやすくなるように厚みやノギスが乗っかる部分のサイズ調整など少し手を加えたものをリミックスとして製作しました。

Thingiverseにアップしたので興味ある方は使ってみて下さい。

参考 Simple Caliper HolderThingiverse

固定部分の穴寸法は5mmで作っています。
S字フックを取り付けメタルラックなどに固定したり、M5までのビスを使い壁やボード等に取り付けて使うことを想定しています。

ノギスが乗っかる部分の寸法はオリジナルのモデルデータより変えています。

ちなみに私の使っているデジタルノギスはこちらとなります。

壊れたものを含め3台目となりますが、先端部分の大きさはほぼ同じようなので一般的な?ノギスで上手く機能すると思います。
宜しかったら使ってみて下さい!

コメントを残す