【Banggoodクーポン情報】Eachine Twig / Cinecan 4K / Jumper T8SG V2.0 / RapidFIRE クーポン追加!

ちょっと気になる65mm Whoop『iFlight Alpha A65』

最近お仲間になった65mm Whoop『Eachine UZ65』と『Happymodel Mobula6』、US65などの1世代前の機体をメイン65mm機として飛ばしていた私としてはそのポテンシャルの高さに驚かされるばかりです!
1セル65mm機ってここまで進化しているんですね!

この両機を楽しんでおりますが梅雨のこの時期、室内飛行などなにかと65mm Whoopは役立ちます。

Eachine UZ65を1日飛ばしてみたけど・・・この機体飛ばしやすくてかなりいいぞ!
【実機レビュー】Happymodel Mobula6 Race Edition(25000KV)。人気機体なのも納得です!UZ65と簡単に比較してみました!

そしてこの両機に関しては、まだまだ書きたいことがあるのですが・・・
今回はちょっと気になった65mm Whoop『iFlight Alpha A65』という機体の話です。
最近のiFlightさん、かなり気合入ってますからねぇ〜。

まもなく登場するこの機体なんですが、使われているiFlight SucceX F4 FCに付けられたVTXは50mW出力となり、このあたりMobula6の内蔵25mW VTXとも差別化できそうです。

また機体重量は約24.5gとMobula6やUZ65と比べると若干重いようですが、これは受信機込みの重量(50mW VTXも搭載)なのでそう考えると軽量な機体になるかと思います。

iFlight Alpha A65

機体サイズ65mmの1セルブラシレス機となります。

機体重量は標準で約24.5gとなっており、UZ65(約22g)やMobula6(約20g)と比べると若干重いように感じますが、おそらく受信機込みの重量となっており、VTXも50mW出力VTXが取り付けられています。

そして使われているiFlight SucceX F4 FCに付けられたVTXは50mW出力となり、ブラックアウトで悩まされている方も多い?Mobula6(25mW VTX)と比べると、こちらは安心できそうです。

200mW VTXを搭載したUZ65が約22gと考えると、50mW VTXと外部受信機搭載のこの機体・・・なかなかおもしろいく機体重量も妥当だと思います。

モーターはXING Nano 0802 22000KVモーターが使われています。
22000KVモーターと言えばMeteor65を思い浮かべますが、このあたりMobula6やUZ65と比べてどういう飛びをみせるか気になるところではあります。

ペラはHQの31mm 3ブレードタイプのペラとなります。

飛行時間は300mAhバッテリー使用時で3〜4分となるようです。(35mmペラを採用したUZ65では4分は飛んでくれます)

バッテリー4本が付属するMobula6やUZ65と比べると、バッテリーが付属していなく少し割高感がある感じはします。

iFlight Alpha A65 製品仕様

機体仕様を簡単にまとめるとこんな感じ。

SucceX 1S F4 FCBrand Name: iFlight
Model: SucceX-1S
Item Name: F4 1S Flight Controller AIO 5A 4in1 ESC & VTX
Input Voltage: 1S Lipo
FC Firmware: MatekF411RX
MCU: STM32F411
Gyroscope: MPU6000
Barometer: No
Blackbox: No
INA Pad: n uart2
BEC Output: 5V @ 1.2A
Size: 29x29mm
Mounting Pattern: 25.5×25.5mm, M3 (half-hole)
Connector:Micro-USB
Weight: 5.4g
ESCCon. Current: 5A
Burst Current: 6A
BLHeli: BLHeli_S
Firmware: O-H-30 BLS 16.8
Current Sensor: Yes
Current Scale: 400
Input Voltage: 1S Lipo
Signal Support: Dshot,Oneshot,Multishot
ESC Telemetry: NO
VTXInput Voltage: 5VChannels: 48CH
Power: PIT/25/50mW
Connector: UFL/IPEX
モーターModel: XING Nano 0802
KV: 22000KV
Input Voltage: 1S Lipo
Configuration: 9N10P
Stator Diameter: 2mm
Shaft: 1mm
Dimension: 11.4×9.1mm
Weight: 2.2g (with 30mm wire plug)
ペラDucted Propeller Size: 31mm
Quantity: 2 CW & 2 CCW
Color: Color May Vary
カメラPower: DC 5V
Size: 14×12.2x12mm
Net weight: 1.6g
推奨バッテリーRecommend 1S 300mAh Lipo Battery

最後に!

ちょっと気になる機体『iFlight Alpha A65』のご紹介でした。

iFlight Alphaシリーズの機体といえば軽量10gの4KカメラCaddx Lorisを搭載したiFlight Alpha A85がリリースされましたが、そのあたりからこのAlphaシリーズ少し気になっていました。

低価格で完成度の高いUZ65やMobula6とどこまで張り合えるのか・・・気になるところですね!

2 COMMENTS

東京バード

どうもです(^o^)
Frsky R-XSR受信機はまだ使ったことがなく自分もほぼ分かっていないのですが。
確かに調べてみても全く出てこなく。
昨年?登場して試してみようかとは思っていましたが、今だに手が出せず!

最近では受信機選択にこのR-XSR受信機を選択出来るモデルの機体も出てきているようで、その時にでも試してみようと考えていましたが、いつも使い慣れたXM+バージョンを選んでいます。

現状自分が飛ばしているWhoopやToothpickで全ての機体で使っているXM+受信機では全く問題なくて・・・。

非常に軽量な受信機なので、このAlpha A65で試してみるってのも手なんですけどね。
自分もいろいろ分からないことだらけでございます!

返信する
花咲爺

花咲爺です。 いつもお世話になります。
この機種も気になっているのですが US65からmobula6を2台、UZ65と続いたのでそろそろ1s whoopより大きな物を購入したいと物色中です。
今回紹介されているクーポンの物を物色していて気が付いたのですが 1sの時は Frsky と Flyskyで選んでいました。が、2s以上になると Frsky でも種類が出てきてわからないんです。
mobula7 の EU-LBT NON-EU は規制の厳しいEUかそれ以外かってことで NON-EU えらべばいいのか?って思ってますが Alpha A85 ではR-XSR XM が出てきてついに調べてもわかなくなりました。 何が違うんやろ? どっち買えばいいの? 判断が付きません。 そういえばTinyhawk Freestyle用に XM+購入しましたけど XMとはまた違うんですかね。 謎だらけです。

返信する

コメントを残す