書籍『はじめてのM5StickC』のご紹介!記事掲載して頂きました。

【電子工作キット】大型ディスプレイでカラフル!シンプルなデジタル時計DIYキットを組み立てる

電子工作を趣味で楽しむようになりましたが、その影響で毎月何かしらの電子工作キットを作るようになりました。
そして今月はシンプルなLED時計を作ってみました。

7セグメントLEDを使ったカラフルなシンプルデジタル時計DIYキットとなります。
中学生の頃に同様なキットを作った記憶があり懐かしくて今回チャレンジしてみることに!

海外製のキットとなり10ドルほどで買える電子工作キットとなります。
海外製のキットは非常に安価な価格で購入でき楽しめるのが魅力の一つでもあります。

これまでいろいろと電子工作キットを作ってきましたが、どれも楽しいもばかりなのでこちらもご覧ください!

カラー表示の大型7セグメントLEDを使ったキットとなり、完成するとカラフルなデジタル時計となります。
それでは作っていきましょう!

【電子工作キット】大型7セグLED仕様のシンプルデジタル時計DIYキット

今回作ったシンプルな7セグメントLEDデジタル時計キットは、Geekcreitが販売している電子工作キットとなります。
Geekcreitといえば、Arduino関連製品や電子工作キットなど販売している海外メーカーでご存じの方も多いと思います。

Arduinoの勉強をはじめて電子工作キットを作るようになりましたが、Geekcreit製のArduinoスターターキットをまず購入してArduinoに触れるようになったので私の中では非常に馴染みのあるメーカーとなります。

そしてこちらが今回作ったキットとなります。
カラフルな7セグメントLEDを使ったシンプルなデジタル時計となり10ドルほどで楽しめる電子工作キットとなります。

カラフルデジタル時計DIYキット
created by Rinker

国内製の電子工作キットではこの価格で買えるものはなかなかありませんが、安価な価格で手に入り楽しめるのは海外製のキットの魅力の一つでもあります!

しかしながら製作の難易度が高いものが多いのも海外製の電子工作キットの特徴なので注意も必要です!

今回のキットは非常にシンプル&製作も比較的簡単なキットとなります。
お子様の教材としても最適です。

付属品&パーツ一覧

まずは付属している全パーツを確認していきます。
パーツ点数はそれほど多くなく、はんだ付けも簡単なパーツばかりなので1時間もあれば制作できるものとなります。

抵抗・コンデンサ・トランジスタ・IC・4桁表示の7セグメントLEDなどを基盤にはんだ付けしていくキットとなります。
完成後は付属のUSBケーブルで駆動する形となります。

カラー表示の7セグメントLEDは結構大きなサイズとなっています。

ブザーが付属しアラーム機能も付いています。
また光センサー(Cdsセル)やサーミスタ(温度センサー)も付属しています。
環境光によりLED点灯照度を変えたり出来るようです。

時刻保持(リアルタイムクロック)用のボタン電池もちゃんと付属していました。
完成後動かすのに必要なパーツは全て揃っています。

パーツのはんだ付け & 組み立て

パーツ点数が少ないためハンダ作業を含め1時間もあれば完成出来るかと思います。
製作マニュアルが付属していないため、一応簡単ですが順を追って見ていきます。

まずは抵抗の取り付けからです。
10kΩの抵抗を4本取り付けます。

次にコンデンサです。
セラミックコンデンサが0.1μF(104と印字されたもの)と22pF(22と印字)が各2本ずつ計4本取り付けます。(22pFは予備が1本入っていました)

次にトランジスタと水晶振動子を取り付けます。
基板上に32768と書かれている場所が水晶振動子の取り付け位置です。
水晶振動子の動作周波数32.768 kHzから来てるんですね!

サーミスタ(温度センサー)の取り付けです。
ダイオードに似たこの部品となります。

ICソケットの取り付け。

RTC(リアルタイムクロック)用のボタン電池ホルダーの取り付け。

タクトスイッチの取り付け。

ブザーの取り付け。
ブザーには極性があるので注意して下さいね。

製作途中ですが、基板のはんだ付けにはヒートクリップがあると非常に便利です。
電子工作キットを最近よく作るようになりましたが、本来のヒートクリップの使い方ではありませんが基板固定にも便利に使えるので作業が捗ります。

DCジャックの取り付け。

CdSセル(光センサー)の取り付け。
外枠に設置穴があるので一度位置合わせしてから取り付けるといいです。

最後に7セグLEDパネルの取付です。
基板とパネルがピッタリ接した位置が最適となるのでマスキングテープ等で固定してピンヘッダーで取り付けます。

初心者向けの電子工作キットとしては最適

はんだ付けも簡単で製作も1時間ほどあれば完成できる初心者向けの電子工作キットとなります。

完成後のサイズは115×32×40mmとコンパクトでシンプルなデジタル時計となります。
表示させる色をカスタマイズすることもでき、結構大きなサイズの7セグメントLEDを使っていて表示も綺麗でカラフルなデジタル時計です。

回路構成はリアルタイムクロックを使った時計として基本的なシンプル回路構成となっています。(回路&設定マニュアル)

最後に!

今回はシンプルなデジタル時計DIYキットを作ってみました。

中学生の頃に同様なキットを作った記憶があり懐かしくて作ってみましたが、海外製のキットは非常にお安く入手でき楽しめるのがいいですね!

カラフルデジタル時計DIYキット
created by Rinker

コメントを残す