【Banggoodクーポン情報】Eachine Cinefun / Beta95X V2 HD Digital VTX .etcクーポン追加!

【RGBDuino Uno】LEDやブザー搭載のArduino Uno互換ボード『RGBDuino Uno Jenny』。かなり派手な痛Duinoですがちょっと便利に使えます!

Arduinoには正規ボードのほかに様々な互換ボードが販売されています。
そんなよく見慣れたArduinoボードに飽きた方はこんな萌え萌えなArduino Unoはいかがでしょうか?

RGBDuino Uno Jenny』っていうかなり派手なArduino Uno互換ボードが登場しました。
Arduino関連の面白い製品が登場したということで海外通販サイトBanggoodさんからサンプルを頂きましたが、なかなかおもしろい製品となります。
Arduinoボードのネタ製品かと思いきや、かなり考えられて作られたArduino Uno互換ボードのようですね!

Arduino Uno互換ボードということで通常のArduino Unoとして同様に使えることはもちろんなんですが、プログラマブルな2つのRGB LEDやデジタル入出力ピンに10個のLED、そしてブザーやタクトスイッチが搭載されていてArduinoのテスト環境にも便利に使えそうです。

デジタル入出力ピンD2~D11の計10個のGPIOピンにLEDが接続されていて入出力インジケーターとして使えたり、それぞれ駆動用のトランジスタが入っているようで小型DCモーターなんかを駆動できたりと使い方によっては面白く利用できそうです。

それではRGBDuino Unoを見ていきましょう。

Arduino Uno互換ボード『RGBDuino Uno Jenny』

Arduino Uno互換ボードとなる『RGBDuino Uno Jenny』です。
パッケージからして何だかテンション上がります。
電子工作を楽しむなら、こういう遊び心ある製品ってなかなかいいものです!

パッケージ内容】

付属品は短いMicroUSBケーブルが付属します。

この女の子、Jennyちゃんって言うみたいですね!
はんだ水着女子、萌えますね!

付属の箱も遊び心があり箱に入れたままUSB端子が挿せるようになっているようですが・・・これは使わないかな?

今回『RGBDuino Uno Jenny』バージョンをご紹介しています。

実はもう1種類オタクアヒル?バージョンの『RGBDuino Uno Geak Duck』も販売されているようです。

各所チェック

Arduino Uno互換ボードとなりますが少し仕様が異なる箇所があるようなので見ていきましょう。
まずはボードサイズですが、正規Arduino Unoと比べると少しサイズが大きくなっています。

MEMO
ピンヘッダーやビス穴の位置は同じなので、シールド等は通常通り使えます。

マニュアルやサンプルスケッチはGithubからダウンロードが可能です。
LEDの点灯(Lチカ)やPWM制御、デジタル入出力ピン、タクトスイッチなどのテストスケッチも用意されているのでArduino初心者の方にも良さそうです。

参考 RGBDuinoGithub

そしていくつかの付加機能が追加されています。
詳しく見ていきましょう。

追加された付加機能

電源関係

PCとの接続および電源の供給はMicroUSB端子からとなっています。

通常のArduino Unoボードに搭載されているDCジャックはなく、またVinピンもGND端子に置き換わっています。
電源の供給は基本的にMicroUSB端子からのみとなるようです。
また5V出力ラインが1本追加されています。

ファンクションスイッチ

2つのタクトスイッチ(ファンクションスイッチ)が付いています。
1つは通常のリセットスイッチとなり、もう1つはプログラム可能なスイッチとなっています。
D2ピンとGNDに接続されているので、INPUT_PULLUP設定して使用する形となります。

RGB LED

そして2つのRGB LEDが搭載されています。
こちらRGB LEDはD12D13ピンに接続されていてプログラム可能でフルカラーで点灯させることが出来ます。

ピエゾブザー

スライドスイッチとピエゾブザーが搭載されています。
ブザーはD8ピンと接続されていて制御できます。
ブザー使用時はスライドスイッチをONさせて音を鳴らします。

デジタル入出力ピンにLEDが10本

デジタル入出力ピンD2~D11までの計10ヶ所にLEDが搭載されています。
デジタルピンの動作で自動的に点灯するので動作インジケーターとしても使えます。
また駆動用のトランジスタ?(MOS tube)が搭載されているので、小型DCモーターなどを駆動出来るようです。

仕様比較

LEDやブザー、タクトスイッチなどいろいろと付加機能が追加されているようですね。
通常のArduino Unoと仕様を比較してみました。

Arduino UnoRGBDuino Uno
MicrocontrollerATmega328P
ProgrammingArduino IDE
Operating Voltage5V
Digital I/O Pins20
PWM6
Analog Input6(10-bit)
UART1
SPI1
 I2C1
External Interrupt2
Flash Memory32KB
SRAM2KB
EEPROM/Data Flash1KB
Clock Speed16MHz
DC Current per I/O Pin20mA
Power SupplyDC Adapter or USBMicroUSB
DC Current for 5V1AUSB Source
DC Current for 3.3V50mA500mA 
USB to Serial ChipATmega16u2CH340C 
Programmable LED1(D13)12(D2~D13) 
Programmable Push Button 01(D2)
Piezo Buzzer 01(D8) 

痛Duino化して遊んでみる!

デジタル入出力ピンD2~D11に付けられたLEDはHIGH状態で点灯します。
入出力状態が分かるインジケーターとしても使えます。

また、PWMに対応したD3/D5/D6/D9/D10/D11ピンではLEDの点灯照度も変えられます。
サクッとスケッチを作り痛Duino化させてみました。

最後に!

ゲーミングArduino的な基盤にたくさんのLEDが実装されているボードとなります。

ネタ製品かと思っていましたが、LEDやRGB LED・タクトスイッチ・ピエゾブザーが搭載されているのでブレッドボードに回路を作らなくてもLEDの点灯やPWM制御、タクトスイッチを使ったプルアップなど・・・いろいろと便利に使えArduino初心者の方の学習用としてもいいかもしれません。

PCB基板のペイントはかなり綺麗に仕上がっています。
そして海外サイトでは正規版Arduino Unoの1/3ほどで購入できます。
完全互換ボードなので正規品と同じく遜色なく使えるので、テスト環境で気分を変えたい時などにいかがでしょうか?

コメントを残す