サイトの常時SSL化した後はサーチコンソールの設定も変更しておこう!

先日、ブログというものを再開しこのサイトを常時SSL化することが出来ました。
作る側も見る側もサイトを安全にということなんですが、Googleさんもこの常時SSL化を推奨しています!

ブログの世界も常時SSL化されたサイトでの運用が好ましく、新しくサイトを作る場合は比較的簡単?なんですが、今まで作り込んできたサイトを常時SSL化するのは結構大変な作業になります。

このサイトはロリポップ!レンタルサーバーを使いWordPressで運用しているのですが、ロリポップの場合は無料で比較的簡単にサイトを常時SSL化できるのでこれからSSL化に挑戦される方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

比較的簡単!Word Pressサイトを無料で常時SSL化する方法【ロリポップレンタルサーバーの場合】

そしてここからが今回の本題となります。
サイトの常時SSL化ができたら使用するツールの設定も見直す必要があります。

今回SSL化にあたり私が変更を行なったのは、Google Analytics(アナリティクス)サーチコンソールの設定変更!

Google Analytics(アナリティクス)の設定変更に関しては以前こちらの記事で説明させてもらったのでこちらを参考にしてみて下さい。

サイトの常時SSL化ができたら次はGoogle Analyticsの設定を変更しよう!

サイトの常時SSL化が完了したらサーチコンソールの設定も変更しよう!

そしてここでは、サーチコンソールの設定変更について説明していきます。

サイトを常時SSL化するということは、サイトURLが「http://〜」から「https://〜」に変わっているので、サーチコンソールの検索アナリティクスの数値が徐々に下がっていっていると思います。

これはサイトのURLが徐々に、http://からhttps://に切り替わっていき計測が出来なくなっているからです。
そこでサイトの常時SSL化ができたらサーチコンソールの設定(サイトURLをhttps://〜に変更)を見直す必要があります。

サイトを再登録する

サーチコンソールの管理画面から[プロパティを追加]へ進みます。

新しいサイトURL「https://〜」を入力し[追加]します。

サイトの所有権の確認が完了すれば再登録は完了です。

 

サイトマップを送信する

上記で新しいサイトURLの登録が完了すれば、Googleさんに新しいサイトをクロールしてもらうために新しいURLのサイトマップを送信します。

サーチコンソールの管理画面から、[クロール][サイトマップ]から[サイトマップの追加テスト]へと進みます。

sitemap.xml]を指定して送信すれば完了です。

新URLをFetch as Googleで検証してみよう!

サイトの常時SSL化で変更されたサイトURL(https://〜)がGoogleのクローラーによってきちんとインデックス化出来るかどうかを検証します。

サーチコンソールの管理画面から、[クロール][Fetch as Google]へと進み[取得]をクリック。

[完了]と表示されればGoogleクローラーがきちんとインデックス化出来る状態ということなので問題ありません。

以上でサイトの常時SSL化を行なった後のサーチコンソールの設定の変更をご紹介しました。

サイトのSSL化後は、Googleアナリティクスの設定も変更する必要があります。
こちらを参考にしてみて下さい。

サイトの常時SSL化ができたら次はGoogle Analyticsの設定を変更しよう!

これからサイトを常時SSL化してみようという方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

比較的簡単!Word Pressサイトを無料で常時SSL化する方法【ロリポップレンタルサーバーの場合】

 

コメントを残す