iPhoneを他社SIMを使わずにSIMロック解除(SIMフリー化)する方法!【SoftBank】

ソフトバンクのiPhone 6sを2年近く使っていますが、そろそろ新iPhoneにしようかと考えています。
iPhone 6sは発売から2年以上が経過し、使用している方はそろそろ分割支払金も払い終わり新iPhone購入を検討されている方も多いと思います。

みなさんご存知の通りiPhoneにはSIMロックというものがかかっており、契約したキャリアのSIMでしか使うことが出来ません

私の場合、ソフトバンクで契約しているのでソフトバンクのSIMでしかiPhoneを使うことが出来ません。
このままの状態では、格安SIMを使いたい場合や他キャリアに乗り換えした場合、家族や友人にiPhoneを譲渡したい場合などでSIMロックがかかった状態のiPhoneでは使用することが出来ません。

そこでApple Storeで販売されているSIMフリーiPhoneのように、他社SIMでも使えるようにするにはSIMロック解除をする必要があります

私も今回はじめてSIMロック解除を行なってみたのですが、これが非常に簡単に行うことができました。
特にSIMロック解除(SIMフリー化)するデメリットはなく、新iPhoneに機種変更する場合や他社への乗り換え等で手元に現在使用しているiPhoneを残しておく場合、契約変更後はSIMロック解除手続きができなくなるので先にSIMロックを解除しておいて契約変更をするのが良いかと思います。

ここでは、ソフトバンクに契約したiPhone 6sをSIMロック解除(SIMフリー化)する方法を説明していきますが、対応する他のiPhoneでも同様の手順で行うことが出来ると思います。
My SoftBankから簡単にSIMロックの解除を行うことができるので興味のある方は参考にしてみて下さい。

SIMロック解除にあたっての事前確認項目

ソフトバンクのサイトでは、SIMロック解除を完了するには他社SIMでアクティベートする必要があるとの記載がありますが、AppleのサイトにはiPhoneを一度初期化することにより他社SIMを使わずにSIMロックを解除する方法が記載されています

結論から言いますと、SIMロックの解除には他社製のSIMを用意する必要はありません

ソフトバンクでSIMロック解除できる端末を確認

ソフトバンクのiPhoneの場合、2015年5月以降に発売されたiPhoneであればSIMロック解除が可能です。

SIMロック解除機能を搭載したiPhone(2018年3月現在)
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus

SIMロック解除の条件
  • My SoftBankでは2015年5月以降未に発売された製品
  • ソフトバンク以外のSIMカードが必要
    ここではiPhoneを初期化することにより不要
  • My SoftBankでは、SIMロック解除手数料が無料
  • 購入日より101日目以降の場合に受付可能
  • 前回のSIMロック解除から2017年12月1日以降かつ101日目以降の場合に受付可能
  • 分割支払金/割賦金を一括精算した場合や、製品を一括購入した場合に受付可能
参考

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除SoftBank

SIMロック解除に必要な手数料は?

SIMロックの解除には、My SoftBankから自分で行う方法とソフトバンクショップ店頭で行う方法があります。

ソフトバンクショップ店頭で行なってもらうと事務手数料として3,000円がかかります

ここではMy SoftBankから自分で行う方法をご説明しますが、My SoftBankから自分で行う場合は手数料はかからず無料となります

SIMロック解除には特に難しい操作はないので、来店予約をして待ち時間及び事務手数料がかかるソフトバンクショップ店頭で行うより、ご自分でMy SoftBankから行えば手数料もかからないのでお得かと思います。

MEMO
My SoftBankでは、9時〜21時の間でSIMロック解除手続きが可能となっています。
解除手続き完了後は、即時SIMロックの解除が行われます

他社製のSIMがなくてもSIMロック解除はできます!

SIMロック解除を進めるにあたって、My SoftBankではSIMロック解除を完了するには他社製のSIMが必要とあります。

お客さまがご利用予定のソフトバンク以外のSIMカードが必要です(ソフトバンクのSIMカードしかお持ちでない場合はMy SoftBankでは解除できません)。

参考

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除SoftBank

 

これから他社に乗り換え予定の方や格安SIMでの運用を検討中の場合など、まだ手元に他社SIMがない場合上記の方法が使えないので、今回ここではAppleで記載のあったiPhoneを一度初期化することによりSIMロックを解除する方法を説明していきます。

参考

iPhone のロックを解除して別の通信事業者で使う方法Appleサポート

iPhoneのSIMロック解除にあたってのデメリットは?

結論から言いますと、iPhoneのSIMロック解除を行うことによるデメリットは全くありません!
SIMロックを解除したからといって、キャリアのサポートが受けられなくなったり、何かしらの料金が発生したり、下取り価格が安くなるといった事はありません。
むしろSIMロックを解除しSIMフリーiPhoneとして運用することにより、格安SIMを使ったり、他のキャリアSIMを使えたり、海外に行った際に現地SIMを使えたりとメリットのほうが大きくなります。

MEMO
解約済みのiPhoneのSIMロック解除の手続きは、解約後90日以内となります。

iPhoneを他社SIMを使わずにSIMロックを解除する方法!

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
では実際にiPhoneのSIMロック解除を行なっていきましょう。

ここでは、iPhone 6sをMy SoftBank経由でSIMロックの解除を行う方法をご説明していきます。
他のiPhoneでも同様の方法で行えると思います。

SIMロック解除の手順
  1. My SoftBankでSIMロック解除手続きを行う。
  2. iTunesを使ってiPhoneのバックアップを行う。
  3. iPhoneを初期化する。
  4. iPhoneを復元する。
  5. SIMロック解除完了。SIMフリーiPhoneの出来上がり!

①My SoftBankでSIMロック解除手続きを行う

まずは、My SoftBankでSIMロック解除手続きを行います。
My SoftBankからの申請では手数料は無料となります。
ここではiPhoneからMy SoftBankにアクセスして説明していきますが、PCでも同様操作で行なえます。

事前にiPhoneの製造番号(IMEI番号)を確認しておきます。
iPhoneの[設定]アプリから[一般]⇒[情報]へと進みます。

IMEI番号をメモしておきましょう。
長押しでコピーも可能です。

 

IMEI番号の確認ができたらMy SoftBankにログインし、[契約確認]から[SIMロック解除手続き]へと進みます。

製造番号(IMEI番号)を入力し、[解除手続きをする]をクリックします。

これでMy SoftBankでの申請は完了です。

 

②iTunesを使ってiPhoneのバックアップを行う。

My SoftBankでの申請完了後は、iPhone本体のSIMロック解除を行うにあたってiPhoneを初期化する必要があるのでiTunesを使ってバックアップを行います。

PCとiPhoneを接続し、iTunesを使ってiPhoneのバックアップを行います。
iTunesを起動し、[ファイル]⇒[デバイス]⇒[バックアップ]へと進みiPhoneのバックアップを行います。

③iPhoneを初期化する

iTunesでのバックアップが完了したら、iPhoneを初期化します。
初期化するにあたり、「iPhoneを探す」機能がONになっていると出来ないので、[設定]アプリから[名前]⇒[iCloud]へと進み

[iPhoneを探す]機能をOFFにします。

一旦PCからiPhoneを取り外し、[設定]アプリから[一般]⇒[リセット]⇒[すべてのコンテンツと設定を消去]へと進みiPhoneを初期化します。

④iPhoneを復元する

iPhoneの初期化に成功すると画面に「HELLO」などが表示されiPhoneから復元作業へと促されますが、ここでiPhoneから復元に進まず、PCに接続してiTunesから復元を行います。

iPhoneをPCに接続しiTunesを立ち上げると『iPhoneのロックが解除されました。』と表示されます。
これでiPhoneのSIMロック解除の完了です!

注意
初期化が完了するとiPhoneから復元を行うよう促されますが、一度iTunesに接続して下さい!

iPhoneのSIMロック解除が確認できたら、引き続きiTunesから[続ける]をクリックし復元作業を行えば完了です。

⑤SIMロック解除完了 SIMフリーiPhoneの出来上がり!

お疲れ様でした。
これでiPhoneのSIMロック解除が完了しました。
これでSIMフリーiPhoneの出来上がりです。

MEMO
上記③で[iPhoneを探す]機能をOFFにしたので、改めてONに戻しておきましょう!

まとめ

以上で他社製SIMを使わずiPhoneのSIMロックを解除する方法でした。

やり方自体は非常に簡単で、My SoftBankから自分で行えば事務手数料3,000円もかからず無料で行えるのでお得です。
これから他社への乗り換えや格安SIMでの運用、海外での使用をお考えの方はiPhoneのSIMロック解除を行えば可能となります。

また、機種変をお考えで現在の端末を手元においておく場合なども2台目の端末をSIMフリーとしておくことで使用の幅が広がります。

私のようにiPhone 6sをお使いの方は発売から2年が経過しているので端末の分割支払金も完了しているかと思います。
今後、新iPhoneに機種変した時のためにとりあえずSIMロックの解除をしておくのもいいかと思います。

 

コメントを残す