『終了ダイアログ』を出して「再起動」や「スリープ」「システム終了」を選びたいのに?OS X Mavericksになって変更された電源ボタンの操作方法。

Pocket

mavericks-end-dialogue-4

先日、Macの新しいOSであるMavericks(os X 10.9)が登場しました。

無料でインストールできるというAppleさんの太っ腹ぶりに大変驚きました。

そんなMavericksなんですが、細かい仕様が所々変更されています。

例えば、電源ボタンの操作方法。

私は普段、MacBook Proを愛用してるのですが、以前のMountain Lion(ox x 10.8)の時は「電源ボタン」を押すと「再起動」や「スリープ」などの『終了ダイアログ』が表示され、それらを選択できるようになっていました。

それが今回のMavericksになってから、「電源ボタン」を押すと即座に「スリープ」する仕様に変更されています。

外で作業する時などですぐに「スリープ」させたい場合は非常に便利なんですが、「再起動」や「システム終了」させたい時は、いちいちメニューバーから選択しないといけなく、この場合は少し面倒になります。

このように思われている方も多いと思いますが、実はMavericksでも「電源ボタン」の操作で『終了ダイアログ』を出せるんです。

やり方は非常に簡単!

それではご紹介します。

 

Mavericks「電源ボタン」の操作で 『終了ダイアログ』を出す方法!

やり方は、いたって簡単!

「電源ボタン」を長押しするだけ。

mavericks-end-dialogue-1DSC01456

これで、『終了ダイアログ』が表示されます。

mavericks-end-dialogue-1

 

ここで注意したいのは、この『終了ダイアログ』が表示されても「電源ボタン」を押し続けていると、[強制終了]されてしまいます。

 

Mavericks 「電源ボタン」の操作方法まとめ!

mavericks-end-dialogue-4

 

  1. 「電源ボタン」を一度押すと「スリープ」。
  2. 「電源ボタン」を長押しすると『終了ダイアログ』が表示される。
  3. 「電源ボタン」をさらに押し続けると、『強制終了』。

 

非常に簡単ですね!

覚えておくと大変役立ちます。

それでは、楽しいMacライフを。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る