Twitterで「いいね♡」した画像をEvernoteへ自動的に保存する方法!【IFTTT】

普段Twitterでお気に入りの写真や画像を見つけて保存したい時どうしていますか?

東京バード

一枚一枚スマホに保存しているよ!
IFTTT(イフト)を利用してTwitterとEvernoteを連携すると自動保存なんてことができるよ!

なつおくん

私はメモごとは全てEvernoteで管理しているのですが、Twitterで見つけた気に入った写真や画像を毎回手動でEvernoteに保存する煩わしさから、IFTTT(イフト)を利用してTwitterとEvernoteを連携させてみました。

Twitterで「いいね♡」した写真や画像をが自動的にEvernoteへ保存してくれるようになり大変便利となります。
Evernoteでいろいろ管理している方多いと思いますので、ぜひ活用してみて下さい!

Twitterで「いいね♡」した画像をIFTTT(イフト)を利用してEvernoteへ自動的に保存する方法!

ここではTwitterとEvernoteをIFTTT(イフト)を利用して連携し、Twitterで「いいね♡」した画像をEvernoteへ自動的に保存する方法をご紹介します!

ここでIFTTT(イフト)って何?って方のために簡単にご説明。

IFTTT(イフト)ってなに?

現在、TwitterやFacebook、Evernote、Gmail、Dropboxなど多数のWebサービスが提供されています。
それぞれ単体でも非常に便利なサービスなんですが、複数のWebサービスが連携できればさらに便利になります。

こうしたWebサービスの連携を手助けしてくれるのが『IFTTT(イフト:IF This Then That)』というサービスです。

MEMO
IFTTTとは、「IF This Then That」の略で、
もし(IF)This(入力)ならば(Then)That(出力)するという意味。
ユーザーは、「This」と「That」を対応するサービスから選択し、『〜ならば〜する』といった動作を設定することが出来ます。

特に難しいプログラミングなどは必要なく、IFTTTで既に提供されている「レシピ」を使えば、さまざまなWebサービスを連携させることが出来ます。

例えば、Gmailに届いたメールを自動的にEvernoteに保存するとか、TwitterでつぶやいたらFacebookにも自動で投稿するとか、IFTTTを利用してさまざまなWebサービスを連携させることにより可能となります。

IFTTTをはじめて利用するにはアカウント登録が必要です!

さてここからが本題です。
今回、Twitterで「いいね♡」した画像をEvernoteへ自動的に保存させるためIFTTTを使ってTwitterとEvernoteを連携させていきます。

IFTTTをはじめて利用するにはアカウントの登録が必要となります。
アカウント登録には、GoogleアカウントやFacebookアカウントが利用可能です。
またメールアドレスとパスワードを使っての登録も可能です。
今回ここではアカウントの登録方法等は割愛させてもらいます。

参考 IFTTTトップページIFTTT

IFTTT

無料
(2018.03.25時点)
posted with ポチレバ

IFTTTを使ってTwitterとEvernoteを連携させてみよう!

それではIFTTTを使ってTwitterとEvernoteを連携させていきましょう。
IFTTTはPC上のWebブラウザでも使えますが、ここではiPhoneのIFTTTアプリを使って説明していきます。
Androidアプリでも同様の手順で行えます。

IFTTTアプリを起動して、Twitterに「いいね♡」した画像をEvernoteに保存するというレシピを作っていきます。
【My Applets】から【+】へ進みます。

まずは、〜したら』にあたるthisを選択します。

Twitterを検索し選択します。

次にTwitterのトリガー『〜したら』を選択します。
ここではTwitterで「いいね♡」した時に動作するように、【New liked tweet by you】を選択します。

これでTwitterに「いいね♡」した時という動作が設定されました。

次に、thatにあたるアクション(〜するという動作を設定します。
ここでは、Evernoteに画像を保存するという動作を割り当てます。
thatを選択し、Evernoteを選択します。

【Create image note from URL】を選択します。

次に、Evernoteに保存する際の設定をします。
各項目を選択し、リストから選んで[Insert]で追加していきます。
英語表記なので少し戸惑いますが、②のImage URLの部分は[FirstLinkUrl]を選択しその他の部分はお好みでカスタマイズしてみて下さい!

MEMO
項目②以外はお好みでカスタマイズしてみて下さい!

  1. Title Evernoteに保存する際のノートのタイトルを選択します。(任意)
  2. Image URL この項目は、【FirstLinkUrl】を選択しツイートに含まれる画像URLを取得します。
  3. Notebook Evernoteに保存する際のノートブック名を入力します。(任意)
  4. Tags 保存するノートにタグを付けることが出来ます。(任意)

 

入力が完了したら、【Next】【Finish】で完了です。

以上でIFTTTのレシピが完成しました。
試しにTwitterで[いいね♡]してみて下さい!
しばらくするとEvernoteに[いいね♡]した画像が保存されているはずです。

私のEvernote側の設定はこんな感じにしています。

Evernoteに実際に保存されたノートがこちらです。
指定したノートブックにタイトルやタグが入り、画像が保存されています。
いい感じです!

 

項目②の[FirstLinkUrl]以外はお好みでカスタマイズしてご自分のEvernote仕様にして下さい!

一度IFTTTでこのレシピを作っておけば、Twitterのタイムラインで気に入った写真や画像があったらどんどん[いいね♡]するだけで自動的に画像がEvernoteに保存されていきます。
これは非常に便利ですね!
みなさんも活用してみて下さいね!

 

コメントを残す