『ネスカフェ バリスタ』のお手入れ方法!

RX100-DSC02683

みなさん、ご家庭で手軽に美味しいインスタントコーヒーが作れる『ネスカフェ バリスタ』使われてますか?
私は購入以来、もう1年以上毎日使っています。

コーヒーメーカーより手軽で、美味しいインスタントコーヒーが作れます。

こんな手軽に美味しいコーヒーが作れる『バリスタ』ですが、コーヒー豆は湿気に弱く、見えない機械内部に湿気により付着したコーヒー豆の汚れが少しずつ溜まってきます。

『バリスタ』内部の簡単なお手入れを定期的に行うことにより、今まで同様美味しいコーヒーが作れ、機械の故障やトラブルを防ぐことができます。

意外と汚れが溜まっている機械内部、まだ掃除をされたことがない方は簡単なのでその方法をご紹介します。

『ネスカフェ バリスタ』のお手入れ方法

まず電源を切り、上部のコーヒータンクを外します。

DSC09819

DSC09821

DSC09822

ドロワーと呼ばれる受け皿を引き抜きます。

DSC09825

少し硬いのでゆっくり回していきましょう。

注意
引っかかって抜けない場合は一度戻し、上部の回転部分の穴をタンク方向(時計でいう12時の方向)に指で回して下さい。

穴の位置が定位置に来るとドロワーは引っ掛かりに当たることなく引き抜くことができます。

DSC09823

湿気で固まったコーヒー豆がこびりついています。

DSC09827

次に緑のレバーを下に下ろし、「撹拌部」を引き出します。

DSC09829

DSC09831

DSC09832

ここにもびっしりと固まったコーヒー豆がこびりついています。

DSC09835

「撹拌部」の内部にあるフィルターもはずします。

DSC09837

取り外したドロワーと撹拌部、フィルターを洗浄します。
ぬるま湯に2〜3分ぐらい漬けておくと簡単に汚れが落ちます。

DSC09839

DSC09841

ドロワーと撹拌部、フィルターの洗浄が終わると、よく水分を拭き取り逆の手順で本体に戻しコーヒータンクをはめれば完了です。

ここで、コーヒータンクを上部に戻す際、うまくはまらない場合があります。
その時は、コーヒータンクを外してカラの状態で運転スイッチを押すと、一杯分のお湯が出て回転部分の穴が定位置に戻ります。

注意
お湯が出ますので下にカップは置いて下さいね!

DSC09853

DSC09852

DSC09822

これでコーヒータンクをはめることができます。

以上で『ネスカフェ バリスタ』のお手入れは完了です。

簡単お手軽に美味しいインスタントコーヒーが作れる『ネスカフェ バリスタ』ですが、定期的にお手入れすることにより、気持ちよく美味しいコーヒーが飲め、故障やトラブルを防ぐことができます。

DSC09851

まだお手入れをされたことない方は、簡単にできるので一度試してみて下さい。
意外と汚れが溜まっているものですよ!

 

3 Comments

weight loss books

We stumbled over here from a different page and thought I should
check things out. I like what I see so i am just following you.
Look forward to checking out your web page yet again.

コメントを残す