ネスカフェ『バリスタ』のコーヒータンク上部の上蓋がうまく閉まらない場合の対処法!

Pocket

DSC09994

簡単でお手軽に美味しいインスタントコーヒーが作れるネスカフェ『バリスタ』、最高ですよね!

私はここ1年間、ほぼ毎日使っています。

そんな我が家の『バリスタ君』のお手入れ(内部のお掃除)を先日久しぶりにしてみました。

 

上記の記事でも少し書いたのですが、『バリスタ』を使い始めて私が遭遇した一番多いトラブルは、コーヒータンクがうまくはまらず、上蓋が閉まりきらない時があることです。

ここでは、その対処法をご紹介します。

知っていれば簡単に対応できるので参考にしていただければと思います。

ネスカフェ『バリスタ』のコーヒータンク上部の上蓋がうまく閉まらない場合の対処法!

DSC099941

ネスカフェ『バリスタ』を使っていると、上蓋がうまく閉まりきらず、上の写真の様に隙間が開いた状態になる時がたまにあります。

この状態になると、全メニューのランプが点滅し、ボタン操作を受け付けてくれない状態になってしまいます。

これは、コーヒータンクが下までしっかり入っていないため起こります。

それでは、その対処法を幾つかご紹介します。

 

①コーヒータンクの向きを確認する

一番ありがちなミスが、コーヒータンクの向きが間違っている場合です。

コーヒータンクには挿入する向きがあります。

下の写真の様に、横にクボミがある方を『バリスタ』本体に向かって左側にくるように挿入します。

これが逆向きになっていると下までしっかりはまりません。

1DSC000061

②コーヒータンク下にある回転部分の穴を定位置に戻す

コーヒータンクを外すと、その下に回転部分の穴があります。

この穴が定位置(時計でいう12時の方向)にきていないとコーヒータンクがうまくはまりません。

1DSC000071

 

回転部分の穴を定位置に戻す

この回転部分の穴を定位置に戻すには、コーヒータンクを外した状態で上蓋を締めます。

そして、真ん中の運転ボタンを押せば、回転部分が回り穴が定位置に戻ります。

注:この時カップ一杯分のお湯が出るので、カップをセットした状態で行なって下さい。

DSC09853

DSC09852

1DSC00009

これで回転部分の穴が定位置に戻ります。

1DSC000111

①でコーヒータンクの向きを確認し、②で回転部分の穴を定位置に戻してやればコーヒータンクは下までキッチリはまり、上蓋をしっかり締めることができます。

大抵の場合、これで問題は解決すると思います。

 

あと、『バリスタ君』の機械内部のお手入れは定期的にしてやって下さいね!

まだ内部のお手入れ(掃除)をされたことがない方は、トラブル等の原因となりますので、こちらを参考にして下さい。

そして、毎日バリバリ『バリスタ君』に美味しいコーヒーを作ってもらいましょう。

 

 

 

関連記事

コメント

    • えいむ
    • 2015年 6月 26日

    いっつも外した時に調子悪くなって困っていました
    助かりました

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る