私が普段持ち歩いている可愛い愛用のカメラ君たち! 『SONY α NEX-7』『SONY サイバーショット DSC-RX100』『SONY サイバーショット DSC-WX30』

Pocket

RX100-DSC04231

カメラ大好き、写真大好き、でも腕はない東京バード(@bird_tokyo)です。

普段よく写真を撮っていますが、その写真を撮っている愛用のカメラ君たちの写真を撮ってないと思いたち、ちょっと撮ってみました。

 

SONY α NEX-7

DSC09012

 

ちょうど1年ほど前に購入。

2400万画素の高解像度でありながらミラーレス一眼のコンパクトさを合わせ持ち、ほぼ毎日こいつと遊んでいます。

最高にいいミラーレス一眼カメラです。

 

DSC09016RX100-DSC04252 DSC09017RX100-DSC04249

 

トライナビダイアルが便利で、絞りやシャッタースピード、ISO、露出補正などいろんな機能を瞬時に呼び出し変更すことができます。

 

RX100-DSC04244 RX100-DSC04246DSC09021

 

NEXシリーズは新しい機種がどんどん出てきていますが、なぜか電子ビューファインダー(EVF)が付いていなかったりオプションだったりする機種が多いです。

やっぱり一眼で写真を撮るならファインダー覗いて撮った方が撮りやすいですよね。

このNEX-7君は、解像度の高い電子ビューファインダーEVFが標準で装備されています。

このへんの技術はやはりSONYって感じですよね。

 

DSC09018

 

本当に可愛くカッコイイ、高機能な私の友達NEX-7君です。

 

DSC09011 RX100-DSC04236

 

 

 

 

SONY サイバーショット DSC-RX100

DSC08989DSC08994

 

このRX100君も非常に高性能でよく出来たカメラです。

普段NEX-7を持ち歩いているのですが、さすがに友達との飲み会などで一眼を向けて撮っていると引かれますよね。

やっぱりこういう時はコンパクトデジカメ、コンデジ君の出番です。

コンデジだと女の子とかも普通に撮っているし、スマホのカメラで撮っているのと同じ感覚なのであまり相手を意識させなくていいです。

 

DSC08990

 

最近は非常に薄くてコンパクトなコンデジが出ていますが、それに比べるとこのRX100君は少し大きい感じ。

でもこのRX100君、普通のコンデジと比べると一線を画しているんです。

コンデジでは初となる1インチという大きなCCDセンサーを搭載しているんです。

一般的なコンデジのCCDサイズ(1/2.3型)と比べると約4倍の大きさ

 

DSC09002

 

さらに2000万画素の高解像度で、非常に明るいF1.8の大口径カールツァイス『バリオ・ゾナーT』レンズを搭載しています。

ほぼ一眼レフカメラと言っても過言ではないスペックを持っいるんです。

 

DSC09007DSC08991DSC09009

 

実際ミラーレスのNEX-7とこのRX100を撮り比べてみても遜色ない画が撮れます。

私のような素人には全く違いが分からないといったレベルです。

条件によっては、カールツァイスの明るいレンズを持ったこのRX-100君の方が綺麗に撮れている時が多々あります。

 

DSC09000

 

普段NEX-7を使っているので、たまにコンデジで撮る時に物足りなさがあり、昨年末に大人気だった(今でもかなり上位にランクインしていますが)このRX100を買いました。

 

年末いろんな店、ほんとにたくさんの店を回ったのですが大人気で生産が追いついておらず、どこの店でも完売って感じでした。

年末、運良く手に入れることが出来たのですが、ほんとによく出来たコンデジです。

っというか、この性能でコンデジのジャンルに入れるのは間違ってますね

またサイバーショットのジャンルに入れるのも間違っていると思います

 

レンズ交換ができないのとファインダーがついていない点を省けば、性能はほぼ一眼レフカメラ

よくこれだけの性能をこのボディーの大きさに詰め込んだなって感じです。

RAWでの撮影も可能で、操作性・性能ともに小さくなったNEX-7といった感じのカメラです。

 

 

RX100はUSB給電が可能で枚数を気にせずガンガン撮影できる!

このRX100、旅行などで荷物をあまり大きくしたくないけど綺麗な写真をたくさん撮りたい時などに非常に活躍してくれます。

高性能高解像度明るいレンズを搭載しているにもかかわらず電池の持ちが非常にいいんです

写真だけなら一回の充電で、正確に試していませんが1,000枚近く撮れるんじゃないかな?

動画も非常に綺麗に撮れます。

 

また、USBによる給電(充電しながら撮影)が可能なので、スマホなどと一緒に持ち歩いている方多いと思いますがUSBモバイルバッテリーを一つ持っていれば丸一日ほぼノンストップで撮り続けられます

 

わたしは『Panasonic QE-PL301(8,100mAh)』とRX100の組み合わせで旅行に持っていったことがありますが、3日間このモバイルバッテリーからの給電のみで撮影が可能でした。

 

DSC09047 DSC09045

 

この給電機能がNEX-7にもあったらよかったんですが、残念なことにNEX-7には給電機能がないんですよね。

 

このRX-100もかなりオススメで可愛いカメラ君です。

 

 

 

 

SONY サイバーショット DSC-WX30

2年ぐらい前に買ったコンデジ君です。

完全に手ぶらで散歩などに出かける時、カラビナでズボンに付けて持ち歩いています。

 

RX100-DSC04261 RX100-DSC04264 RX100-DSC04271

 

手ぶらの時もやっぱりカメラは持ち歩きたい。

そんな時用のカメラです。

 

 

 

 

以上、本当によくできたカメラ君たちでした。

また別の機会に個々で紹介したいと思います。

それにしてもSONYのカメラばっかりだな!

でも実はNikon派なんですよ。

ミラーレスのNEX-7買ってからはNikonの一眼はあまり使わなくなってしまいました。

NEX-7君は一押しのカメラです!

 

 

カメラと一緒に持ち歩く愛用の小物君たち

SDカード

DSC09031

 

一眼レフカメラで使うSDカードといえば、やはりSanDisk製ですよね。

スピードはもとより信頼性が高いことで有名です。

 

DSC09033

 

しかし国内正規品は結構な値段がするので、私はいつも並行輸入品を購入しています。

国内版も海外版も同じSanDisk製なので特に性能は問題ないかと思います。

値段も国内版の半額ぐらいで買えますしね。

しかし、並行輸入品は故障の際の保証が付かないのでご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

上海問屋オリジナルSDカード

株式会社エバーグリーンが運営する通販ウェブサイト及び秋葉原に実店舗を構える『上海問屋』。

非常に有名なのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。

この上海問屋の上海問屋オリジナルSDカードが非常に安くてスピードもそこそこ速い!

私も5〜6枚持っていますが今までトラブルなく、安いので重宝しています。

 

DSC09034

 

 

 

 

 

SDカードケース

私が愛用している、『ロアス SDカードケース』。

 

DSC09027 DSC09029

 

防磁機能に優れたメタル素材のSDカードケース。

ホルダーに静電帯電防止スポンジを使用しており、ホコリや静電気からメモリーを守ります。

また、ボタンを押すと蓋が開くワンタッチオープン機構を採用しているのが便利です。

3枚のSDカードが入り、大抵の旅行はこれ一つで十分です。

 

 

 

 

 

レンズクリーニングティッシュ

King photo style レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ』。

 

DSC09038 DSC09039 DSC09041

 

携帯に便利な個別包装。

ノンアルコール&ウェットタイプでレンズに優しい。

帯電防止効果でホコリが付きにくくなります。

 

 

 

 

 

ブロアー

HAKUBA シリコンブロアー』。

 

DSC03295 DSC03293DSC09043

 

素材にシリコンゴムを使用しているので、ゴム特有の臭いがありません。

手に馴染む適度なサイズで強力なブローでゴミを吹き飛ばしてくれます。

何よりオレンジ色がオシャレでカッコイイです。

 

 

 

 

 

プロカメラマンが教える!知っておきたい写真のこと100

以前、GIZMODOでこんな面白い記事がありました。

 

 

プロカメラマンが教える! 知っておきたい写真のこと100 : ギズモード・ジャパン

 

 

 

カメラが好きで毎日何かしらの写真を撮っていますが、撮っていくごとに何となくですが少しずつこの記事の意味が理解できてきました。

 

写真好きな方、どれ位賛同できますか?

私はまだ60パーセントくらいかな?

これからもたくさんの写真を撮っていくことにより、もっと分かってくるのでしょうね。

それではみなさん、これからもカメラ・写真ライフを楽しんでいきましょう!

 

GIZMODO記事中の『プロカメラマンからの100のこと』を載せておきまます。

 

 

プロカメラマンからの100のこと

1)高価な機材を使っているからと言って、腕のいいカメラマンとは限らない。

2)常にRAWで撮影すること。

3)単焦点レンズでの撮影は、腕磨きになる。

4)写真編集はそれだけで、1つのアートだと言える。

5)三分割法は99%の場合において効果的である。

6)マクロ写真は誰でもできるわけではない。

7)UVフィルターはレンズキャップの役割もある。

8)写真フォーラムなんかに何時間も行くよりは、外に出て写真を撮った方がいい。

9)平凡な日々の生活の中にある美しい一瞬を切り取ること。それが、入賞作品になる。

10)フィルムがデジタルより良いというわけではない。

11)デジタルがフィルムより良いというわけでもない。

12)魔法のカメラやレンズなんてものは存在しない。

13)良いレンズを使ったからと言って、良い写真が撮れるとは限らない。

14)他の人の作品を見続けるよりも、自分の写真を撮りに行くこと。

15)パーティーにデジタル一眼レフは持って行くな。

16)女はカメラマンに弱い。

17)写真を白黒にしたからといって、アーティスティックな感じになるわけではない。

18)Photoshop使ったというと、なぜか人は急にあなたの写真の価値を下げる。こういう時は、「Photoshop」ではなく「デジタル暗室」という言い方をすること。

19)何でもかんでも写真に撮れば良いというわけではない。

20)少なくとも2つバックアップをとっておくこと。戦争での、2は1、1は0という考え方と同じ。

21)ネックストラップはやめて、ハンドストラップを使うこと。

22)被写体に近づくこと。大抵の場合、その方がいい写真が撮れる。

23)撮影中はその場の一員となること。傍観者にはなるな。

24)かがむ等して目線を下げて写真を撮ること。大抵の場合、その方がより面白い写真が撮れる。

25)技術的な心配をするよりも、フレーミングや写真の構成に注視すること。

26)機材にあるロゴを黒いテープ等で隠してしまうこと。これによって自分があまり目立たなくなる。

27)明るい日中に撮影する場合は、常に露出少なめ、2/3程度で撮影すること。

28)撮れば撮るほど、上手くなる。

29)露出や、アングル、F値を変えて同じ場所で数枚撮影するのを恐れないこと。

30)ベストの1枚だけを人に見せること。

31)コンデジもカメラである。

32)オンラインの写真フォーラムに参加してみること。

33)他の人の作品を批評してみること。

34)撮る前によく考えること。

35)良い写真に説明はいらない。(しかし、時に背景にある情報が画に意味合いを持たせることはある。)

36)お酒と写真の相性は良くない。

37)他のカメラマンから影響を受けるのはいい。しかし、崇拝してはいけない。

38)粒子は美しい。

39)カメラ用バッグは捨てて、メッセンジャーバッグを使うこと。レンズやカメラが取り出しやすくなる。

40)シンプルさが鍵。

41)フォトグラフィーは、「光で描く」という意味。光を操ること。

42)自分のスタイルを見つけて、貫くこと。

43)セカンドモニターは便利。

44)Silver EFEX Proは最適の白黒加工ツール。

45)どこに行くにもカメラを持って行くこと。

46)写真が人生を楽しむ障害になってしまってはいけない。

47)カメラを過保護に扱ってはいけない。使い倒すこと。

48)ストレートフォトグラフィーを撮ること。

49)自信を持って撮影すること。

50)写真と並列配置の相性は抜群。

51)写真は大きくプリントすること。見てると嬉しくなる。

52)写真を友人にプレゼントすること。

53)写真を他人にもプレゼントすること。

54)フレームに入れるのも忘れずに。

55)コストコのプリントは安いけど、質が良い。

56)友達と出掛けて写真を撮ること。

57)写真クラブに参加すること、又は自分でクラブを始めること。

58)写真は素敵なプレゼントになる。

59)他人の写真を撮るのはスリルがある。

60)自然体>ポーズとる。

61)自然光は最高の照明。

62)35mmはベストなウォークアラウンド焦点距離。

63)必要があれば、ISOを上げるのを恐れないこと。

64)どこにでも三脚を持って行く必要はない。

65)露出高めよりも低めで撮影する方が良い。

66)ホームレスの人を撮影すればアートっぽいと思っているのは、実に利己的だ。

67)全く期待していない時ほど、シャッターチャンスはやってくるものだ。

68)人間が写っている写真の方がより面白みがある。

69)ダメな写真をいくらPhotoshopしたところで、いい画になるわけはない。

70)最近では、誰でもかれでもカメラマンである。

71)パリに行かないと良い写真が撮れない、なんてことはない。良い写真は裏庭でだって撮れる。

72)デジタル一眼でポートレートを撮影する時に、グリップが下を向いている人は馬鹿みたいに見える。

73)カメラは道具だ、オモチャではない。

74)構成という点において、写真と絵画に大きな違いはない。

75)写真は趣味ではない。ライフスタイルだ。

76)言い訳はなし。

77)オリジナルな写真を撮ること。他人のスタイルをマネしてはいけない。

78)良い写真とは、見る人がもっと聞きたくなるようなストーリーを持っているものだ。

79)黒以外のカメラは、人目を惹きすぎる。

80)機材を多く持ち歩けば持ち歩く程、写真を楽しむ余裕がなくなる。

81)上手い自画像を撮るのは、思っているよりも難しい。

82)笑わせることで、モデルの人柄を引き出せる。

83)撮影中に怪しい人と思われないように。周りの環境に馴染むこと。

84)風景写真は飽きる。

85)写真を撮っている時は、まず楽しむこと。

86)撮った写真は消さないこと。

87)人や場所を撮影する時は、敬意を表すること。

88)路上で自然に人々を撮影する場合は、望遠レンズよりも広角レンズを使うこと。

89)旅行と写真は、最高のカップル。

90)ヒストグラムの読み方は知っておくこと。

91)ノイズのある写真は、ボケ写真よりもマシである。

92)雨の中で写真を撮ることを怖がらないこと。

93)完璧な写真を撮ろうと必死になるよりも、その瞬間を楽しむこと。

94)お腹がすいている時は、写真をとらないこと。

95)写真を通して、自分を再発見することは多い。

96)写真で得たインサイトを秘密にせずに、世界と共有すること。

97)写真を撮るのをやめないこと。

98)写真はただ単純に写真を撮るだけではない。人生における哲学である。

99)決定的な瞬間を切り取ること。

100)自分自身の写真ティップスリストを書くこと。

 

 

 

関連記事

コメント

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る