Macの調子が悪い時は一度試してみよう!Macの基本メンテナンス【アクセス権の修復】

Pocket

disk-access-privileges-restoration-5

最近、Mac OSの最新版である「OS X Yosemite」にアップグレードしたのですが予期せぬ不具合が発生!

どんな不具合かというと、特定のアプリが立ち上がらないというもの。

このように、新しいソフトを入れた時やアップグレード、Macの動作が重くなったり不安定になったりする場合などで真っ先にやる事といえば『アクセス権の修復』です。

大抵の場合、この『アクセス権の修復』を行うことにより改善されます!

Macに入っているデフォルトのアプリで行うことができるので、定期的にMacのメンテナンスを行ってあげましょう。

 

『アクセス権の修復』を行う方法!

Macで『アクセス権の修復』を行うのは非常に簡単です!

Macにデフォルトで入っているアプリ「ディスクユーティリティ」を使います。

disk-access-privileges-restoration-4

「ディスクユーティリティ」を立ち上げ、[Macintosh HD]から[First Aid]⇒[ディスクのアクセス権を検証]へと進みます。

disk-access-privileges-restoration-1

ディスクの検証には数分程度かかり、不具合箇所があれば表示されます。

私の場合、アップグレード後にプリンタ関係のソフトが立ち上がらないといった不具合が発生していたのですが、下図でも分かるようにプリンタ関連ファイルのアクセス権がおかしくなっていたのが分かります。

disk-access-privileges-restoration-2

このように『ディスクのアクセス権の検証』により不具合箇所が見つかれば、『ディスクのアクセス権を修復』を選択し、アクセス権を正常な状態に戻します。

disk-access-privileges-restoration-3

これで立ち上がらなかったアプリも無事立ち上がるようになりました。

Macの調子が悪い時や動作が不安定などのトラブルがある場合、まずはこの『ディスクのアクセス権を検証&修復』を試してみましょう!

また、普通にMacを使用していてもアクセス権の破損は頻繁に起こっているので、定期的なメンテナンスを兼ねて行ってあげるのがいいでしょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る