【今日の1枚】『鳥山明  The World of DRAGON BALL』展に行って来ました

Pocket

RX100-DSC03465

みなさん、こんにちは!

散歩大好き東京バード(@bird_tokyo)です。

今日は、日本橋高島屋で開催中の『鳥山明  The World of DRAGON BALL』展に行って来ました。

 

 

『鳥山明  The World of DRAGON BALL』展

 

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1984年〜95年まで連載された『ドラゴンボール』の原画約200点をはじめ、アニメのセル画、設定資料、直筆カラーイラストなど計300点以上を展示した魅力ある展示会場になっていました。

 

展覧会の構成

 

img_map

会場は、『ドラゴンボール』にちなんで、7つのコーナーが。

ギャラリー内は、すべて撮影禁止となっています。

ちょっと残念!

 

『一星球』キャラクターウォール

『二星球』ドラゴンボール年代記

『三星球』原画ギャラリー

『四星球』カラーイラストギャラリー

『五星球』アニメギャラリー

『六星球』お宝ミュージアム

『七星球』シアターゾーン

 

チケットを購入し会場内に入ると、まずは『キャラクターウォール』から始まります。

アニメに登場した約500あまりの登場キャラクターを一挙紹介。

忘れていたキャラクターや場面が思い出されます。

 

ドラゴンボール年代記』では、アニメと原作を織り交ぜた歴史を年表で振り返ります。

この年表が非常に細かく書かれていて長い!

改めて『ドラゴンボール』って凄い!と感じました。

 

原画ギャラリー』では、519話の連載から厳選した200枚以上の原画を紹介。

「天下一武道会」や「ピッコロ大魔王の登場」、「セルとの戦い」など名場面の原画を見れて超感動!

 

その他にも、アニメのセル画や鳥山明のアイデアスケッチ、アニメ資料、カット割り表など『ドラゴンボール』ファンにはたまらないお宝がたくさん展示されています。

シアターゾーン』では、鳥山明と野沢雅子の対談映像も上映されています。

 

撮影ポイント

会場内のギャラリーは全て撮影が禁止されていますが、出口前にある『撮影ポイント』のみ撮影が可能となっています。

IMG_0646

記念に1枚、『カメハメハー!!』っと撮影!!

IMG_0648

出口を出ると『ドラゴンボールショップ』があり、展示会オリジナルグッズも販売されていました。

ポストカードとICカードデザインジャケットを購入。

RX100-DSC03473

『ドラゴンボール』ファンの方は、ぜひ会場に足を運びましょう。

東京での展示会は、4月15日(月)までですので、お早めに!

 

参考

 

鳥山明  The World of DRAGON BALL』展

期間:2013年3月27日(水)〜4月15日(月)

会場:日本橋高島屋8階ホール

時間:10:00〜20:00(最終日のみ18時閉場)

入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下は無料

 

 

【今後開催予定の会場】

2013年4月17日(水)〜23日(火) 大阪・阪神百貨店梅田本店

2013年7月27日(土)〜9月1日(日) 名古屋・松坂屋美術館

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る