ロゴが小さくなってもやっぱりeneloop(エネループ)が好き!エネループ化計画、みなさんもいかがですか?

Pocket

planned-eneloop-1DSC01331

やっぱり乾電池といえば、自然放電が少なく繰り返し充電して何度も使える『eneloop(エネループ)』でしょ。

そんなエネループも現在販売されている新型(2013年4月に発売が開始)でもう第4世代となります。

2013年4月にPanasonicとサンヨーが経営統合したことにより、残念ですが「eneloop」ロゴが小さくなってしまいました。

 

しかし充電式乾電池としての性能はパワーアップしています。

スタンダードモデルのエネループでは充電回数が1,800回から2,100回、ライトモデルで2,000回から5,000回とさらに強化。

だから、やっぱり私はエネループが大好きです。

家にある電化製品やガジェットなどの乾電池は全てエネループで統一。

そして電池を使う機器が増えるごとにエネループを買い増し!

スタンダードモデルの単3エネループで、大体1本300円程度で2,100回も繰り返し使える!

こんな経済的な電池って最高でしょう!

年末なのでちょっと買い増ししてみました。

 

現在販売されている新型eneloopは4世代目

これが、2005年11月に発売が開始された初代エネループ

「eneloop」ロゴが大きくていいですよね!

RX100-DSC03653

そしてこれが現在販売されている第4世代の新型エネループ

Panasonicとサンヨーの経営統合により「eneloop」ロゴが小さくなり、「Panasonic」のロゴが全面に押し出されています。

ちょっと残念!

RX100-DSC03665

 

RX100-DSC03671

 新エネループ乾電池の『eneloop』ロゴが小さすぎ!あの隠れた象徴『王冠マーク』も消え去った!

 

しかしながら、充電式乾電池としての性能は大幅にパワーアップしています。

繰り返し使える使用回数が、スタンダードモデルで1,800回から2,100回、容量の小さいライトモデルで2,000回から5,000回へと大幅に強化されています。

 

 

 

そして今回、自転車のライト用に単3エネループを購入。

2本パックで600円ほどの価格。

planned-eneloop-1DSC01329

planned-eneloop-1DSC01326

planned-eneloop-1DSC01332

1本約300円ぐらいで2,100回も繰り返し充電して使える!

こんな経済的な電池って非常にお得!

みなさんも、エネループ化計画いかがでしょうか?

 

お気に入り電池ケース

エネループ乾電池を入れるための電池ケースは、「eneloop」ロゴが見える半透明なケースがオススメ!

私のお気に入り電池ケースはこちら。

planned-eneloop-1DSC01336

planned-eneloop-1DSC01335

やっぱりケースに入れても「eneloop」ロゴが見えたほうがカッコいいですよね!

 

ここまでくると、もうエネループマニア!

 

 

エネループの関連記事

以前書いたこちらの記事もどうぞ!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る