昭和の時代にタイムスリップ!あの鉄道ムードのカレー店『ナイアガラ』が3月2日に新店舗にて再開!!

Pocket

シュッシュッシュッシュッという汽車の音と共に店内に響き渡る「発車しまぁーす!」という掛け声。レールの上を勢いよく走り出す汽車。なんとその汽車の上に乗っていたのは、、、そう、カレーだったんです!!

こんにちは!何か思い出しただけでテンション上がってしまった東京バード(@bird_tokyo)です。

みなさん、何の話かお分かりになりましたか?

「ナイアガラ」「カレー」と聞いてピンときた鉄道マニアの鉄男さん?鉄子さん?には説明不要ですね。

全く意味不明だったあなたに説明しましょう。

東急東横線・祐天寺駅近くにある鉄道ムードのカレー店「ナイアガラ」というお店の話なんです。

このお店、どこから見ても鉄道マニアなお店。

まずお店の前に立つと出迎えてくれる大きな踏切とデゴイチ。

でも、そんなことで驚いてちゃ話が進まない。

まず外の券売機で食券、いや失礼、このお店では乗車券と呼んでいるものを購入し店内へ。

そして店員、いや、またまた失礼。駅長さんに乗車券を渡しカレーの辛さをオーダー。

カレーの辛さは超特急(極辛)、特急(辛口)、急行(中辛)、鈍行(甘口)の4種類。

テーブル席は湘南電車80系の座席、壁には機関車のナンバープレート、

DSC01297天井には駅の大時計、行先表示板、愛称版、ヘッドマーク、全国各地の駅長の色紙等がびっしりと貼り付けられています。

SONY DSCSONY DSCDSC01292DSC01305

もうこの時点でテンションはほぼマックス。

とその時、シュッシュッシュッシュッという汽車の音と共に駅長さんのアナウンス。

「発車しまぁーす!」

店内を巡るレールの上を汽車が走り出し、その汽車の背にはカレーが乗った車両が連結されているんです。(ピンボケですいません)

DSC01289そしてテーブルの前でピタッと停車。

SONY DSCうおぉぉぉーテンション、MAX~!!

SONY DSCSONY DSC

見た目はいたってシンプルですが、35種類のスパイスを調合して作ったカレー粉とインドの植物油を用い、炉で2時間以上煎って作っているそうです。

豚ヒレ肉を使い、とろっとしたジャガイモ風味が出た懐かしい「昭和」の味なんです。

SONY DSCあっという間に完食。

はじめに頼んでおいたデザートも汽車が届け。

昭和ムード漂う店内で、お腹もいっぱいになり大満足でした。

最後に駅長さんと記念撮影。

SONY DSC

別れ際、お店の近くに駅長自慢のお宝があるという話を聞き見に行きました。

SONY DSC SONY DSCSONY DSC

国鉄蒸気機関車 C57117号 主動輪(第2動輪)実物

昭和48年4月9日 宮崎植樹祭にてお召列車をけん引

昭和51年、保存地が見つからず解体されましたが、個人で初めて動輪の払い下げを受けたそうです

 

駅長さんが毎朝お店に出る前に油をかけ、磨いているそうです。

昭和でレトロ、それでいてどこか温かいカレー店「ナイアガラ」が3月2日(土)に新店舗にて発車します。

※現在移転工事中

 

来月新店舗に乗車して、また昭和の時代にタイムスリップしてきます。

ちなみに私、全く鉄ではありませんのであしからず。

 

参考

鉄道ムードのカレー店:ナイアガラ
カレーステーション ナイアガラ
〒153-0052
東京都目黒区祐天寺2-1-5 高坂ビル
TEL:03-3710-7367
FAX:03-3713-2602

 

ナイアガラギャラリー

ナイアガラ写真ギャラリーをどうぞ!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る