アップグレードで大丈夫!?最近調子の悪かったMacのOS Xをクリーンインストールしてみると見違えるように動作が早くなりました!

Pocket

macosx-clean-install-1DSC03269_1

最近、動作がモッサリし調子の悪かった愛用のMacBook Pro(Early2011)。

OS X Yosemiteのリリースに伴いアップグレードを考えていたのですが、結局アップグレードだと不具合等も引き継いでしまうので、一度も行ったことのなかったクリーンインストールをやってみることに!

これが大正解!

動作もサクサク&快適に生まれ変わりました!

クリーンインストールだと今まで使っていたアプリなどを新たにインストールし直す必要がありますが、MacだとTime Machineから『移行アシスタント』を使うことにより、環境等簡単に引き継ぐことができてとても便利です!

毎年新しくリリースされるMac OS Xですが、たまにはクリーンインストールをしてMacをメンテナンスしてやることも大事ですね!

 

Mac OS X(Yosemite)をクリーンインストールする方法!

通常は、Mac App Storeで旧バージョンからのアップグレードを行うのですが、ここでは『クリーンインストール』を行う方法をご説明します。

 

インストール前に必ずバックアップをとっておく!

『クリーンインストール』は現在OSが入っているディスクを全て消去してから行うので、実行前には必ずTimeMachine等を使ってバックアップをとっておくことをお忘れなく!

 

OS X Yosemiteをクリーンインストール!

ここでは、現在最新のOS X Yosemiteをクリーンインストールする様子をご紹介します。

 

①OS X ユーティリティを立ち上げる

キーボードの[commandキー]と[Rキー]を同時に押したまま起動(電源を入れるor再起動する)します。

 

通常より時間がかかりますが、『OS X ユーティリティ』が立ち上がります。

ここで、ディスクユーティリティを選択します。

macosx-clean-install-1DSC03264

 

②ディスクユーティリティでディスクを消去する

OS Xを入れるディスクを選択し、消去を実行します。

※ディスク上の全てのデータを消去するため必ずバックアップはとっておいてください!

 

macosx-clean-install-1DSC03265

 

③OS Xをインストールする

ディスクの消去が完了すれば、先程の「OS X ユーティリティ」に戻り、『OS Xを再インストール』を選択します。

macosx-clean-install-1DSC03267

macosx-clean-install-1DSC03268

先ほど消去したディスクを選択します。

macosx-clean-install-1DSC03269

Apple ID及びパスワードを入力するとOSのインストールが始まります。

macosx-clean-install-1DSC03270

環境にもよると思いますが、私の場合1時間程度でインストールは完了しました。

 

これで完全にまっさらな状態でOS Xをインストールすることが出来ました。

アプリや設定等、新たに入れ直す必要がありますが、Time Machineから『移行アシスタント』を使うとそれも簡単にできます!

macosx-clean-install-1DSC03271

毎年新しくリリースされるMac OS Xですが、たまにはクリーンインストールをしてMacをメンテナンスしてやることも大事ですね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る