MacでPCオーディオを楽しむ人にピッタリ!iTunes Artworkスクリーンセーバーがめちゃオシャレ!

Pocket

itunes-album-artwork-RX100-_DSC9152

Macユーザーのみなさん、『iTunes Artworkスクリーンセーバー』って知ってますか?

そんなの知ってるよ!?

もうあたり前のようにご存じの方は今回の投稿はすっ飛ばしてください。

まだ知らない方のためにご説明しときます。

iTunesで登録しているアルバムアートワークをスクリーンセーバーで利用することが出来るんです!

普段スクリーンセーバーを利用しない私は全く知らなかったんですが、MacのiTunesで音楽を聞いているときなど画面にアートワークが入れ替わり表示されると何ともオシャレじゃないですか!

Macのスクリーンセーバー設定でデフォルトで入っている機能なので簡単に設定できます。

 

スクリーンセーバーにiTunesのアートワークを表示する方法!

 

itunes-album-artwork-RX100-_DSC9153

設定は非常に簡単です。

Macの【システム環境設定】から【デスクトップとスクリーンセーバ】を選択します。

itunes-album-artwork-1

「スクリーンセーバ」から「iTunes Artwork」を選択すれば完了です。

itunes-album-artwork-2

この項目、一番下にあるので今まで気づきませんでした。

また、「スクリーンセーバのオプション」から表示する「行」や「反応時間」を設定することも出来ます。

itunes-album-artwork-3

MacにPCスピーカーを繋げたり、USB-DACを利用してオーディオスピーカーで音楽を楽しんでいる方も多いと思いますが、そんなPCオーディオを楽しむ人にはピッタリなスクリーンセーバーとなっています。

非常にオシャレでテンションが上がるのでオススメです!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る