1日の行動記録を完全自動で記録するiPhoneアプリ『Moves』が凄すぎ!ライフログ初心者に超オススメアプリです!

Pocket

iphone-moves-23みなさん、こんにちは!

最近、1日の行動記録を自動で記録してくれるiPhoneアプリ『Moves』との出会いでライフログをとる楽しみにハマッてしまった東京バード(@bird_tokyo)です。

みなさんは、1週間前の今の時間何をしていたか覚えていますか?

1ヶ月前の今日は?

意外と覚えていない日々の行動。

こんな1日の行動記録を全て全自動で記録してくれるiPhoneアプリ『Moves』が画期的で非常に優秀なアプリなんです。

一度アプリを立ち上げると、あとはアプリまかせ。

アプリを閉じてもバックグランドで行動を記録し続けてくれます

歩き・走り・自転車・交通機関を自動識別してくれ、いつどこに何で移動したかや移動の経路、歩数、移動距離、消費したカロリーなどなど記録してくれます。

あなたのやることは、ポケットやカバンにiPhoneを入れて行動するだけ!

これだけで、自動であなたの行動を記録し続けてくれます。

 

1日の行動記録を自動で記録するライフログアプリ『Moves』

1日のトータル運動量が自動で記録されます

Moves』の使い方は簡単!

アプリを起動して、iPhoneを上着やジーンズのポケットに入れておくだけ。

あとはアプリを閉じてもバックグランドで行動記録をとってくれます

「徒歩」「自転車」「ランニング」「交通機関」「滞在時間」など、全ての行動が記録されます。

iphone-moves-1 iphone-moves-2

アプリ上にある「緑の丸」や「青の丸」が現時点でのその日のトータルの運動量が表示されています。

「徒歩(緑の丸)」をタップすると、歩数⇒移動距離⇒移動時間⇒消費カロリーと表示を切り替えることができます。

iphone-moves-3

iphone-moves-4

iphone-moves-5

iphone-moves-6また、「自転車(青の丸)」をタップすると、移動距離⇒移動時間⇒消費カロリーが切り替わります。

 

移動したスピードにより移動手段を自動的に判別

この自動判別機能がなかなか優秀で、移動したスピードにより使用した移動手段を「徒歩」「自転車」「ランニング」「交通機関」の4つから自動判別してくれます。

これがなかなか優秀なんです!

iphone-moves-7

しかしながら、移動したスピードにより自動判別しているため、自転車でゆっくり走っていたりすると、まれに「自転車」ではなく「徒歩」と誤って記録されてしまうこともあります。

しかしご安心を。

次の方法で手動で修正することもできます。

 

編集機能で誤った記録を修正する

この『Moves』には、手動による編集機能があるので、あとから記録を修正することもできます。

この場合、「自転車」での移動が電車移動などの「交通手段」と間違って記録されています。

iphone-moves-8

その誤った箇所をタップします。

その箇所の移動ルートが表示されるので、[鉛筆マーク]をタップして移動手段を変更することができます。

iphone-moves-9

ここで、正しい移動手段を選択することにより修正されます。

iphone-moves-10

無事修正されました。

iphone-moves-11

iphone-moves-12

 

自宅や会社など、いつも行く場所は名前を登録しておこう

一定時間滞在した場所は、自動的に位置情報が記録されます。

iphone-moves-13

自宅や会社など、いつも行く決まった場所には名前を付けておくと、次回以降その場所に立ち寄った時に自動的に登録した名前が入り大変便利になります。

位置情報が入った箇所をタップすると地図表示に切り替わります。

そして、[鉛筆マーク]をタップします。

iphone-moves-14

「Foursquare」から取得したその場所名の候補が表示されるので、選択すればOK。

手動で名前を入力することもできます。

iphone-moves-15

場所名が入力されました。

iphone-moves-16次回からこの場所で滞在すると、自動で場所名が入力されるようになります。

iphone-moves-17記録したログは、AirDrop経由で他の人と共有したり、メールやTwitterに送信したり、タイムラインを画像として保存したりできます。

がしかし、話はまだ終わりません!

Evernoteを使っている人はMovesNote』というアプリを使うと、見やすいデザインでEvernoteに保存することができます

Moves』でとったライフログは『MovesNote』でEvernoteに書き出す!

この『Moves』と『MovesNote』の連携が一番便利&ベストな使い方だと思います。

 

『Moves』の行動記録を『MovesNote』を使ってEvernoteに保存する

この『MovesNote』というアプリを使うと、Moves』でとった行動記録を見やすい形でEvernoteに保存することができます

『MovesNote』を立ち上げると、メイン画面のカレンダーが表示されます。

『Moves』のデータを見る場合、[日付]をタップし[詳細]へ進みます。

iphone-moves-18

スッキリしたデザインで見やすくなっています。

そして、[Evernoteへ送信]をタップしEvernoteに保存します。

iphone-moves-19Evernoteで保存したものを見てみると、[MovesNote]で表示したままのスッキリデザインで保存されています。

さらに、Evernote上で内容を修正したり追加で書き込んだりすることもできます。

iphone-moves-21

Evernoteに送信した日には、カレンダー上に[・]マークが入ります。

iphone-moves-20

また、保存先のノートブックやタグの設定、ノートのタイトルなど細かく設定ができます。

iphone-moves-22

非常に優秀なライフログアプリMoves』でとった行動記録は、『MovesNote』を使ってスッキリデザインで見やすくEvernoteに保存する

この『Moves』と『MovesNote』が最強のコンビになります。

 

これまでライフログに興味はあったけど面倒くさそうなどと尻込みしてた方に超オススメなアプリです!

完全自動でライフログを撮ってくれる『Moves』を是非使ってみてください!

こんな便利&優秀な『Moves』、私が使い始めた頃は無料アプリだったんですが、最近アップデートして[App Store]の「ベスト新着アプリ」に選ばれたあたりから有料アプリとなったようですね!

有料になったのはちょっと残念ですが、これだけ便利なら納得いきますけど。

日々ライフログをとって保存しておくと、数カ月後、数年後に過去のログを見てみると、忘れていた思い出もよみがえってきます!

大変オススメのアプリなので、興味がある方はぜひどうぞ!

 

Moves 2.0.2(¥300)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
販売元: ProtoGeo – ProtoGeo Oy(サイズ: 8 MB)
全てのバージョンの評価: (461件の評価)
 

MovesNote – Evernoteに行動記録を保存 1.3(無料)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
販売元: Yuta Hirobe – Yuta Hirobe(サイズ: 6.4 MB)
全てのバージョンの評価: (11件の評価)
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る