あなたのiPhoneは大丈夫!?バッテリー残量が30%近く残っているのに突然電源が落ちるのはiOS7のバグが原因!

Pocket

iphone-ios7-bug-1

みなさんこんにちは!

iPhoneユーザーの方でこんな症状で困っている方いませんか?

バッテリーの残量が30%近く残っているにもかかわらず、突然iPhoneの電源が強制的に落ちてしまう!

私もこの症状で昨年から苦しめられてきました。

一度電源が落ちてしまうと、電源ボタンを長押ししてもバッテリー不足の表示で電源が入らない状態に。

私の場合、今使っているiPhone5を購入してから半年ぐらいしか経過しておらず、バッテリーの劣化は考えづらく、ずっと寒いからバッテリーの持ちが悪くなっているのだと思っていました。

しかしこの症状、実はiOS7のバグが原因だったんですね!

バッテリー残量があるのに突然iPhoneの電源が落ちる

昨年からこの症状に悩まされていました。

寒いからバッテリーの持ちが悪くなっているだけだと思っていたのですが、調べてみるとネット上には同じような症状による書き込み等、多々見受けられました。

私の場合もそうなのですが、バッテリー残量が30%前後の時に突然iPhoneの電源が落ちるというもの。

実はこれ、iOS7のバグだったんですね!?

マイナビニュースでこんな記事が書かれていました!

 

記事ソース : Mashable

 

“We have a fix in an upcoming software update for a bug that can occasionally cause a home screen crash,” Apple spokesperson Trudy Muller told Mashable.

(Appleスポークスマン Trudy MullerがMashableに伝えたところによると、”今度のソフトウェアアップデートで、時々ホームスクリーンがクラッシュする原因となるバグをフィクスする”)

本当にiOS7によるバグならば早く直してもらいたいものです!

この症状が出だすと本当に不便なんですよね!

同じような症状で悩まされている方、次のiOS7.1のアップデートは3月にリリースが予定されているそうですが、気長に待つしかないんですかね?

待つしかないか!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る