iPhoneがWi-Fi経由でiTunesと同期できなくなった時の対処法!?

Pocket

iphone-wifi-synchronize-1DSC02658

iPhoneユーザーの方にはもうお馴染みの『Wi-Fi同期』。

ケーブルをパソコンにつなげることなくiTunesと音楽や写真、アプリなどのデータをWi-Fi経由で同期してくれる非常に便利な機能です。

しかし、ある時を境にこの『Wi-Fi同期』ができなくなることがあります。

先日iOSを最新版の7.1にアップデートしたところ『Wi-Fi同期』ができなくなりました。

調べてみると、iOSのアップデート後などでコンピューターを再認証しないとこの『Wi-Fi同期』ができなくなることがあるみたいですね!

確かにiOS7.1にアップデート後、警告文みたいなものがiPhoneに表示されたような気がしますが、気にせずすっ飛ばしていました。

最近iPhoneの『Wi-Fi同期』ができなくなったとお悩みの方、対処法は非常に簡単ですのでご紹介します。

 

iPhoneの『Wi-Fi同期』ができなくなった時の対処法!

iOSのアップデート後によくあるトラブルです。

対処法は非常に簡単です!

まずはパソコンでiTunesを立ち上げ、iPhoneをケーブルで接続します

iTunesにアクセス許可のダイアログが立ち上がります。

iphone-wifi-synchronize-1

続けるをクリックすると、「アクセスを許可するには、お使いのiPhoneで応答して下さい」とiTunes上に表示されます。

iphone-wifi-synchronize-2

この画面が表示されたら、つなげているiPhoneを確認して下さい。

iPhoneの画面上には、このような表示が出ているはずなので、[信頼]をタップすることにより、iTunesにお使いのiPhoneが再認証されます。

 

iphone-wifi-synchronize-IMG_1680

 

次に、iTunesのiPhone設定画面で[概要]からWi-Fi経由でこのiPhoneと同期]にチェックマークを入れれば完了です。

 

iphone-wifi-synchronize-3

 

これで以前のようにWi-Fi経由でiPhoneと同期することができるようになります。

今後、iOSのアップデート等でWi-Fi同期が突然できなくなる場合があるかと思いますが、覚えておくと安心ですね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る